2016年 08月 18日
久石譲「Piano Stories」
ピアノソロの凄い音源で音の良さに心が震えます。これぞハイレゾリューションの音。世に蔓延るニセレゾは
反省して欲しいですね。

しかし本当にピアノソロのインスツルメンタルアルバムで初めて飽きずに聴き入ることができました(^^; 
いや、これはお気に入りの一枚になりましたね。

これがなんとDSFとflacが同じ価格ですからお買い得です。DSD音源は通常4~5千円、もっとするのもあり
ますからDSDを再生できる環境でしたら言うまでも無くDSFの一手。
ここで「DSDとかDSFってナニよ?」と思った方はflacをポチるのが得策でしょう。flacも悪くありません。

c0005245_1311762.jpg

<以下紹介文の抜粋>

1989年に発売された自身初のピアノソロアルバムで、「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」、「となりの
トトロ」といったジブリ作品から、「Wの悲劇」「早春物語」などの名曲が、本人のピアノ演奏で蘇ります。

今回このアルバムをハイレゾ化し配信するに当たって、サウンドインスタジオの持つ技術とノウハウを惜しげ
なく注ぎ込み、44.1kHz16bitのCDマスターが内包していた音楽情報から、真に「ハイレゾリューション」と
呼べる情報を生成することに成功しました。

具体的には
1;20kHzを超える周波数領域における「自然な」上音の付加
2;レコーディング、マスタリング時において失われたピーク成分の復活
3;特に低レベル域におけるビットマッピングの最適化による時間領域での解像度の向上
4;以上の全てにわたる各条件の聴感補正(サウンドインスタジオのエンジニア技術)
を行っています。

久石譲の時代を超越した珠玉のメロディ達が、サウンドインスタジオの卓越した技術により、21世紀の音として、ここに蘇ります。

by webtyuu | 2016-08-18 13:13 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tyuu.exblog.jp/tb/25908490
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 女子レスリング      Spotify(スポティファイ) >>