2017年 01月 17日
マツダ CX-3(2017モデル) レビュー その5
★エンジン
マツダの専売特許になったクリーンディーゼルエンジンの1.5Lターボですが、ここが一番迷った所です。
ガソリン車やHVだったらそれ程迷わずに選んだと思いますが、やはりディーゼルには抵抗が・・

エンジンを始動すると重低音のサウンドが響きます。ただBMWやベンツのディーゼルと比べると圧倒的に静か
ですね。これは圧縮比を極限まで下げてエンジン構成部品を軽くしたり、ノック音を抑える部品をエンジン内に
付けたり色々と工夫しているようで、開発者ストーリーを読むと泣けます(笑)

c0005245_8261464.jpg

しかしディーゼルの音と振動は、静かで高級な車内空間を演出するマークXとは月とスッポン。
ここで本当に迷いました。

まぁ走り出すと楽しくなる車で音の事は忘れます(笑) これは2.5L車以上の太いトルクと軽い車体が相まって
街中はきびきびと走り、山道はグングン進み楽しく運転できますね。嫁なんかは「アクセル踏まないでも勝手に
進む」とか言ってましたが、それが本当ならヤバイだろう(^^;

それ程軽く踏むだけでグイグイ進みます。初代はターボラグが大きくドンくさかったらしいですが、3代目となると
そんな事は全くありません。大小二機のツインターボと「DE精密過給制御」とか言う技術で意のままに走ります。
まさに人馬一体。

フル加速時のGは勿論マークXには及びませんけど、一般道、山道、高速ともに十分な加速で楽しく運転でき
ディーゼルの印象が変わりました。昔乗ったことがあるランクルが酷かったので。

c0005245_833844.jpg

しかしディーゼルはやはりディーゼルなので特有の音と振動が気にならないと言えば嘘になります。マークXの
車内空間が上質過ぎただけにその差は大きいですね。まぁそのうち慣れるでしょう(^^;

ドデカいバッテリーが積んであります。最近の車は電装品だらけで、しかもアイドリングストップなんてあるから
こうなりますね。交換時に頭が痛くなりそうです。。

c0005245_9324560.jpg

慣らし運転は「する派」と「しない派」に別れるようですね。RX-8やGTRは「しろ」と事細かく説明書に書いてあ
るようで必要かと思いますけど、必要無い車は書いてないのでCX-3は不要でしょう。もっとも低回転で十分な
加速を得られるので回転を上げる必要も無く、面白い車です。

RX-8は「1000Kmまで7000回転以下で走りなさい」って明記してあるようですけど、しかし7000回転って(^^;
ロータリーエンジンの復活も望まれますね。

ディーゼルはオイルが高いようですが、パックdeメンテ54(117,890円)を付けたので半年に一度のオイル
交換を4年半と1回目の車検はこれで賄われるのでトータルでは安くつくようです。

c0005245_10171546.jpg

納車時の最後の最後に関西マツダの工場長が挨拶に見えて、営業さんが車を持ってきてくれる所の立ち話で
「スキーなどに行かれますか?」「最近は行きません」と言うと、「もし寒冷地に行った時は行った場所で給油し
てしばらく走って燃料をかき回してください」と言われ、はぁ?

軽油って大阪と寒冷地は品質が違い着火温度が違うんですって。ディーゼルエンジンにはスパークプラグが
付いてないため大坂の軽油では寒冷地で朝始動しない可能性があるんだとか。そんなの始めて聞きましたが、
こんな重要な事を最後の最後に立ち話で言うとは。。

まぁ聞いて良かった(^^;

c0005245_10381424.jpg

★走行性能
ステアリングの応答は良く、自分は少し軽いかな?と思いますが女性には程良い感じですか。山道はステアリ
ングを切ったとおりにスムーズに曲がってくれ気持ち良いです。スピードを出しても特にアンダーが出ることも
なく、思い通りに曲がってくれます。

恐らくToyoの215/50R18扁平タイヤも貢献しているのでしょう。このタイヤはロードノイズも少なく中々良い
タイヤです。マークXは純正のToyoからBSのエコタイヤに替えたらロードノイズが大きくなって失敗でした。
それほどエコでも無かったし。

先日家の周りはかなりの圧雪があり、それに坂道なので「ヤバイか?」と思っていたのですが、全然大丈夫。
過信は禁物ですけど多少の雪ならイケそうです。FFなのでマークXより雪には強いのもありますね。トラクショ
ンコントロールも効いていると思いますけど、Toyoは耐震偽装で一躍有名になりましたがタイヤは良いのかも
知れません(^^;

c0005245_14494328.jpg

サスは堅めです。タイヤの扁平率が高く薄いためか応答性は良いのですが乗り心地には影響してますね。
一般道や高速を走っている分にはそれ程気になりませんが、何故か山陽道のトンネル内は継ぎ目が断続的に
付けてあり、「ゴツゴツゴツゴツ・・・」とかなり大きな振動が伝わってきました。トンネルは5~6本あったでしょうか、
全てのトンネル内で酷い乗り心地(-_-;)

後部座席に居た嫁が「この車トンネルはアカンわ」とぼやくほど。CX-3の特性なのか、まだド新車だからなの
か、もしかしてXDが履いている215/60R16だと軽減されるのか?

横G軽減のG-ベクタリング コントロール(GVC)は正直よくわかりませんね。オン・オフができたら比べられま
すがマツダが自慢するほどの効果は全く分かりません。「子供が酔わない」とか書いてありますが、峠道で
akiが始めて吐いたし(^^;
まぁ嫁の運転でしたがまったく下手くそで助手席の自分も気分が悪くなったのでしょうがないけど。

超下手くそな運転までGVCはサポートしないことはわかりました(笑)


<←その4>  <その6→>

by webtyuu | 2017-01-17 21:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tyuu.exblog.jp/tb/26277633
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< マツダ CX-3(2017モデ...      マツダ CX-3(2017モデ... >>