2017年 01月 11日
マツダ CX-3(2017モデル) レビュー その2(プロローグ)
c0005245_20475998.jpg

★車種決定
初めは経済性から定番のプリウスが良いのかなぁ・・と考えてましたが、見積もりを取ってシミュレーションした
らウチの走行距離ではHVのメリットは出ない事が分かって安堵です。HVは月1000Km以上走らないと元が
取れないですね。

プリウスは代を重ねてもそのダサさに磨きが掛かるだけで嫁も自分も嫌いです。なんであんな醜い車になった
のか理解に苦しみますが、ネッツの営業に聞いてみたら「よく言われますがプリウスは燃費が最優先で、空力
を突き詰めての形です」と言う事。そう言われると納得ですけど、乗りたくない(^^;

それに変な走りをしている車は黒の軽かプリウスと相場が決まっているのも嫌ですね。最近になってブレーキ
の問題も気になりました。取り説に車が止まらない場合の操作法なんて書いてある車には怖くて乗れません。

c0005245_9102137.jpg

車選びは日産と三菱は最初から除外です。三菱なんかは当然ですが日産を外したのは矢沢が嫌いだから。
セレナなんて買った日には運転する度に矢沢の顔が頭に浮んできそうで悪夢です。ローラに「やっちゃった~、
にっさん、うふ♡ 」とか言わせてたら違ってたかも(笑)

と言う事で日産、三菱以外の国産車ディーラーを6件ほど廻って、最後は新型インプレッサ、アクセラ(ガソリ
ン)とCX-3で迷って迷ってCX-3に決定です。昔からボクサーエンジンには憧れていたのでカーオブザイヤー
に輝いた新型インプレッサは乗りたかったのですけど、何しろ見てくれが相変わらず地味の極みで奥さんから
却下でした(^^;

スバルも吉瀬美智子さんがCM続けていたらもっと押したのに。。

車を選んでいる時に発表された自動ブレーキ性能テストも参考になりました。
自動ブレーキはスバルのアイサイトだろうと思っていたらなんとアイサイトを抜いてマツダが一番を取るとは
驚き桃の木山椒の木。ホンダがダントツビリでヴェゼルはここで選外です。Honda SENSINGって(^^;

c0005245_14413320.jpg

しかし挑戦したホンダはまだ立派で、「やったぜ日産」は笑わせますね。国土交通省曰く「自信のあるメーカー
しか応募してこなかった」と言う事で情けないことに敵前逃亡。こんなメーカーが自動運転を宣伝してもね(笑)

これは笑い事でも無く、米国道路安全保険協会(IIHS)の衝突時テストの結果を見ると背筋が凍り付きます。
ジューク(3台目)やリーフ(4台目)も酷い有様ですが、結構高いエルグランド(一番最後)も酷い壊れ方でキャ
ビンまでグシャっと逝っちゃってますね。同じ事故でもCX-3(3台目)だったら軽傷で済むのにジュークやエル
グランドだったらあの世行きかも。「殺ったぜ、日産」。合掌。。

c0005245_2058464.jpg

予算は現金支払いで300万円以下(嫁は下限、自分は上限で考えていた(^^;)と決めていたので300万を
余裕で超してしまう松グレードは最初から頭に無く竹グレードにオプションを選択です。無い袖は振れません。

まぁ会社のローンを使えば今は1.6%で借りられますが、やっぱり金利は勿体ないので有り金を叩いて拠出
する事に。しかし何処のディーラーにも1.6%は有り得ないって言われましたがどうなんでしょうね。BMWなん
かは1%って宣伝してますよ。と言うと「値段が違います!」って事でしたが金融には弱いので。。

ホンダにはイラんというのに「残価設定型クレジット」とやらを画を描きながら詳しく説明されましたが理解でき
ませんでした(^^; まぁ要するにディーラにもメリットがあるのでしょうね。

結局竹のXD PROACTIVE 2WDに安心、安全、便利機能は殆ど追加して、松のXD L Packageと違うのは
シート(本革→合皮/クロス)とフォグ、後方AT誤発進を抜いたくらいで,下取り、値引きを入れ支払総額290万円
を切った所で山の神が首を縦に降った次第(^_-)-☆

クリーンディーゼルは取得税、重量税免除(約9万円)と言うのも助かりますし、次世代自動車振興センターから
後日3万8千円(車種、グレード、年式により細かく違う)の還付があります。

<←その1>  <その3→>

by webtyuu | 2017-01-11 20:53 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://tyuu.exblog.jp/tb/26292156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< マツダ CX-3(2017モデ...      マツダ CX-3(2017モデ... >>