2018年 01月 04日
年末年始のTV
年末は何と言ってもガキ使ですか。
かみさんはたまには紅白を見たいと言ってますが、もう10年以上見てないですか。
まぁ浜田麻里さんとかベビメタに柴田淳さんなどが出るなら見たいけど、桑田なんか見たくもないし。

浜ちゃんの黒塗りは「あとで面倒くさい事になるのでは?」と心配したら案の定でしたね。
お題がアメリカンポリスと言う事でエディ・マーフィのパロなのに、差別に結びつけるアホはもうNHKしか見んなよ。と言う感じ。

ふんどし姿の芸人たちがメチャクチャするのは見たくないので、そこでワンコたちとベッドに入り年が変わる前に就寝でした。


なんだコイツは
c0005245_14250654.jpg

元旦は何と言っても芸能人格付けチェックですか。
100万円のワインと5000円(普通に美味しい)のワインを当てられないのはまぁ分かりますけど、松阪牛とスーパーの牛肉が分からないのがGAKUTOも言ってましたけどアホですね(^^;

スーパーの牛って乳臭くて牛肉は好きではありません。血の臭いでしょうけど微かに牛独特の変な臭いがして嫌い。
関西の肉じゃがは牛ですがウチは豚。しゃぶしゃぶも豚です。
しかし先日ギフトで頂いた米沢牛は全く変な臭いなどなく久しぶりに美味い牛だったので、高級牛は分かると思うのですけど。

それと35億 VS 80万の楽器はGAKUTO並に毎年分かります(笑)


寝てられないワン
c0005245_14251167.jpg

昨日の「君の名は。」は面白かったですね。息子は劇場で見たようですがこれはヒットする訳です。
ストーリーも面白かったし、何と言っても絵が綺麗で驚きました。
紅葉のシーンなんか思わず息をのむほど。これは劇場でもう一回見たいかも。

RADWIMPSとやらの音楽も「なんてことない楽曲だ」と思ってましたけど、映像にハマっていてこれも驚き。

CMも各社特別編を製作してお金掛けて凄いと思いましたが、クソ面白かったのがSoftBankの白戸家で大笑いでした。
1回だけの放映みたいだけど勿体ない。





さて、明日が仕事始めで明後日から3連休ですか。
明日も休んで12連休にしようかとも思ったのですけど、サスガに12連休になるとリハビリが大変かと思い(^^;

しかし「あけおめ」って会った人や電話口で一々言わなければいけませんけど、これが面倒ですね。。





by webtyuu | 2018-01-04 16:37 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://tyuu.exblog.jp/tb/28908210
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by inamoku at 2018-01-04 20:01
明けましておめでとうございます。

紅白は見るべきでしたね〜
私も嫁に録画を見せられたのですが、
松田聖子は必見でした!
もう誰か解らないほど劣化してた(^_^;)
牛肉はスーパーの肉と言っても100g千円近かったので
選ぶ部分によっては少量では解らないと思いますよ。

とにかく、今年も宜しくお願いします。
Commented by あや at 2018-01-04 22:18 x
わんちゃん、大丈夫ですか!でも手術代が
意外と安い!うちは、この前、歯石とりと抜歯で
八万かかり泣けました。
あっというまに、二匹になり、そして、飛行犬写真をあっさり撮影しちゃう火呂さんはやはりすごい!
一眼ではないですよね?さすがです!
Commented by webtyuu at 2018-01-08 08:05
※いなやん

あけましておめでとうございます。

聖子ちゃんの劣化ですか。
それは話のネタで見たかったかも(笑)
まぁ安室奈美恵世代ではないので、「引退?、あっそ」って感じだし、やっぱりベビメタに浜田麻里さんが出ないと見ませんわ(^^;

スーパーで100g千円でっか。そんなの食べた事有りません。
そりゃわからんかも(笑)

今年もよろしくお願いします。
また飲みに行きましょう~!

Commented by webtyuu at 2018-01-08 08:16
※あやさん

歯石とりと抜歯で8万ですと?
これは卒倒レベルですね!
歯磨きしないといけないけど、なかなかさせてくれないので困ります。

akiくんは今週末に抜糸ですけど、舐めたらアカンので暫くはエリザベスカラーです。
ストレスが溜まって可愛そうな状態ですが元気にしています。

飛行犬写真はサスガにGH5ですが、普段はGM1か携帯が主になりつつありますか(^^;
暖かくなってらもう少し真面目に撮ろうと思ってますが、今は寒くて。。

ワンコ2人で手一杯になってニャンコは諦めましたが、今年もよろしくお願いします。



<< グラミー賞(2018)      お正月 >>