カテゴリ:オーディオ( 7 )

2017年 11月 26日
Fiio x5 3rd generation
DP-X1の音は最高ですけど最近は寝室に置き去りでした。
就寝時にBOSE SoundLink Mini IIへの入力用で、表に持って出るのはもっぱらXperia X Performanceです。
しかしXperiaのワイヤレスの音は良いのですが所詮はスマホなのでワイヤードではイマイチ。

DP-X1のデカイのは仕方ないとしてもBluetoothの性能が最悪で、胸ポケットに入れて歩きながらワイヤレスで聞いているとブチブチ切れて話になりません。
サポートに相談したら「すみません。性能です」と言われ、まぁオンキヨーの技術なんてそんなものでしょう。

それとナンと♀側なのにボキッと折れて入院して治したはずの2.5mmバランス端子がダメですね。
少しプラグに圧力が加わると片音になります。プラグはDP-X1の不治の病みたい。


DP-X1
c0005245_13042702.jpg


で気になっていたのが半年前に出たFiio x5 3rd generationです。
DP-X1よりも随分小さく、それでいてバランス出力対応。そしてOSは必須のAndroidです。
問題はできれば買いたくない中華メーカーですけど、音質と品質に関してはFiio X3を使って全く問題が無いばかりか、ウォークマンよりも高音質で腰を抜かしましたし、不具合も無し。

DP-X1なんか致命的故障で2回もメーカー送りになりましたからね。
DAPに関してソニーなど国内メーカはイマイチで、世界的に気を吐いているのが中華と韓国のAstell&Kernです。
しかし韓国メーカー製なんて死んでも使いたくないので選択肢は中華しかありません。
53万円のAK-SP1000-CPをタダでやるから使ってくれと言われてもイランわ。

TechnicsやKenwood辺りから出してくれたら嬉しいのですけど、恐らく高くて貧民には買えないからやっぱり中華か(;。;)
それにまたまた三菱で不正が発覚してMade in Japan神話が終わりを告げようとしている感じですか。。


Fiio x5 3rd gen
c0005245_14590184.jpg


尼を見ると正規代理店(オヤイデ)と並行輸入品があって『安心かサイフか』で迷いましたがAmazonの対応は割と安心できるので5千円ほど安い並行輸入品をポチ。
ファームウエアのUPなどはオヤイデからDLできるし、通常使う分には並行輸入品も変わりません。

しかし時計を合わせても気付くと丁度1時間早くなるので「なんでや?不良か?」と思ったら、Androidの設定で中国標準時間になってました(^^;
そこを日本標準時に合わせて解決。
ファームはFW1.1.0だったので早速オヤイデから最新を落とし1.1.8に上げてから使用開始です。


左Fiio X3、中央Fiio X5 3rd gen、右DP-X1
c0005245_15120597.jpg

OSはAndroid5.1.1と少し古いですが、熟れたOSですから問題ありません。
予想外だったのはホームを変更できない事でした。
ホームは高機能で便利な『NOVAランチャー』を使うのが自分的には決まりなのですけど、これが使えずFiio X5お仕着せのホーム。
Androidなのになんでや???

まぁそこはまだ我慢できるとして、Fiio X5のホームはなんと便利なウィジェットが使えません。
アホか~~~!と声を大にして言いたい。
Wi-FiやBluetooth等の切替をワンタッチでしたいし、プレイリストを画面に貼り付けたいのにそれがで来ません。

まぁ一応Androidですからアイコンを置く場所は自由にできるのでiOSよりはマシですけど、わざわざiOS並にするとはどう言う事やと。。


c0005245_07374948.jpg

DP-X1は手のひらからかなりはみ出ますが、手のひらサイズでジャストサイズです。
筐体はアルミでしょうか。
メタルの感触が気持ち良く質感があってスイッチやダイヤルなど細部も綺麗にできていて高級感があります。
とても3.7万円のDAPには見えません。

しかもこのお値段でレザーケースとシリコンのクリアケースの2種類が添付されています。
更に液晶面と背面には保護フィルムが既に貼られていて追加で買うものはありません。

あ、イヤホンは付いてないので持ってない人は買ってください(^^;
バランス接続が可能なので2.5mmジャックのケーブルとMMCX端子のイヤホンが良いかと思います。


c0005245_08492346.jpg

↑端子は下側です。(X3とDP-X1は上)
これは賛否両論で、「胸ポケットに入れるのに上側が良い」と言う人も居れば、自分は同じ理由で断然下側が良いです。
だからx5 3rd genの位置はベスト。

X5は穴が3コありますが、左が3.5mmのアンバランス(通常のイヤホン)、その右の小穴が2.5mmのバランス。
一番右がFiioの独断場で嬉しいコアキシャル出力端子になります。

コアキシャル出力とは他のDACに接続してスピーカーから音を出す時などに使う端子で、あれば便利。
専用の接続プラグも付属しています。

嬉しいのはバランスプラグを抜いたのを検知して曲を止める事ですね。まぁ当たり前な事なのにDP-X1はできません。
アンバランスの方はできますけど自分はバランス接続なので、会社のロッカーでプラグを抜いて止めたハズなのに帰宅時に電池残量0だった事が屡々。
誰も居ないロッカーでひたすら音楽を鳴らしていた訳です(笑) ←スピーカーが無いので鳴りませんけど


Fiio Music
c0005245_10195640.jpg


プレーヤーはFiio Musicと言う奴で少し使いづらいですね。
しかも致命的なのはフォルダー間の再生ができません ←できました。すまん、Fiio m(__)m

真ん中の画は浜田麻里さんのアルバム3枚ですが、この中から1枚のアルバムを選んで聞くしかできません。
3枚をランダムで聞く事ができ無いのはダメです。
アーティストで『浜田麻里」を選んで再生すれば全曲ランダムは可能ですけど、アーティスト一覧から聞きたい人を選ぶのは数が多いので面倒ですから。

で通常聞くMusicアプリを変更です。
Onkyo HF Playerの無料版を試しで使用。
暫く使って良さそうなので、無料版では使えない機能があるし広告が出るのはウザいので1000円払ってアンロックしました。
当然ながらフォルダー間のランダム再生は可能です。

ただ再生中のフォト(右のコルトレーンを参照)が少し縮小されるのはオンキヨー得意の変な仕様(笑)


Onkyo HF Player
c0005245_10322950.jpg


最後に肝心の音質です。
X3を使っていたので心配してませんでしたが、高解像でDP-X1に引けを取りません。

音源を忠実に再生する感じで、ウォークマンみたいに変な味付けは無く素直でニュートラル。
JAZZ、ロック、女性ヴォーカルなど何でも来いです。
まぁウォークマンのようなウォーム系が好きとかならEQを弄れば良いしDAPに変な味付けは不要ですね。

ユーザーレビューにホワイトノイズが気になるようなコメントが多々出てますが、whisper(囁き)ボイスの井筒香奈江さんを聴いても自分には聞こえません。
若者には聞こえるのかな?
恐らくもう15Kz以上なんて聞こえやしませんから(^^;

じゃぁハイレゾなんて意味ないじゃんと思うかも知れませんが、それがそうでも無いのです。
オーディオの世界にはよくある笑えるオカルト話と違い科学的に立証されているのですが、この話を始めると長くなるのでそのうち。

しかしコイツは手頃な価格で手ごろな大きさ。そして質感は良いし音質も良い。凄いコスパのDAPです。
こんなのは残念ですけど日本のメーカーでは作れないでしょうね。
DAPで肝のDAコンバーター2基は旭化成エレクトロニクス製(AKM AK4490EN)なんですけど。

日本はこれから部品屋さんとして生きていくしか無いのかな。。




by webtyuu | 2017-11-26 08:26 | オーディオ | Trackback | Comments(4)
2017年 04月 12日
Spotify(スポティファイ)
ノルウェー生まれの世界最大音楽ストリーミングサービスですが、Appple Musicから鞍替えしまし
た。Appple MusicはWindows、iOS、Androidで使ってましたがアプリの共通性が無くバラバラ。

これがSI会社が作るアプリかね・・と呆れながらもメインのAndroid版が一番良いので問題ありませ
んでしたが、これがバージョンアップされ最悪のiOS版と同じになってしまい捨てることに。

ほんとアホですね、Appple。

c0005245_21473588.jpg

何が最悪かというとForYouです。文字通りお勧めを表示してくれる所ですが、Android版はここが豊
富に出てきて割と良かったのにiOS版はユーザー投稿(Connect投稿)が大半。しかもアーティスト
名は日本語だけど中身は英語です。でコッチに統一されて、なんともはや。バカかアップルは。

これで気になっていたSpotifyに移る踏ん切りが付きました。

c0005245_211113100.png

Spotifyは無料プランで使ってましたが、無料だけあってシャッフルPlayしかできないとか制約が
色々。最悪なのは音質ですね。なんせ160 kbpsですからサスガに分かります。

これが有料プランになると320 kbpsなので取りあえず文句無し。あるけど(^^;
方やAppple Musicは256kbpsですけどこれは正直比べても分かりません。圧縮音源なんてこの程度
の差は目くそ鼻くそ。ただ音源的にはAppple Musicはシャリ感が強い音源が多いのですがSpotifyは
それが無く聴きやすいと思います。

例えて言うとAppple Musicは味の素の掛けすぎですか。写真で言うならアンシャープマスクの掛け
すぎですが、Spotifyは自然です。

c0005245_21304577.png

画面デザインもAppple Musicよりセンスあると思いますし、何と言っても良いのが レコメンドです。
日本語で言うとお勧め。今までGooglePlayMusicとAppple Musicを使ってきましたけどSpotifyが
一番自分の好みを知ってくれている感じですね。やっぱりアメ公より欧州だわ(笑)

それに歌詞も表示してくれます。まぁ英語なら口ずさめますけど仏語は無理だけど(^^;
柴田淳など日本の歌詞もバッチし。

c0005245_1333953.jpg

欧州生まれですから元々洋楽には強く邦楽は弱いとされてきましたけど、自分が聴きたい日本人アー
ティストは殆ど入りました。浜田麻里だけはまだ無いですが、麻里さんはハイレゾで持っているから
問題ありません。BABYMETALや和楽器バンドも網羅されています。

なんとこの時期自然と口ずさむ柏原芳恵さんの「春なのに」もありましたよ。超久しぶりに原曲を聴
いてウルウル(;。;) 好きだったなぁ芳恵ちゃん(笑)

逆にギルバート・オサリバンが無いのにはショック。スーパートランプも検索に引っかからず「こり
ゃアカン」と思いきやSupertrampで探ると有ったので安堵。しかしGilbert O'Sullivanでもありま
せん。Amazon Prime Musicにも入っているのに。。

まぁ無いものは仕方が無いので当分Spotifyで楽しもうと思っています。

by webtyuu | 2017-04-12 21:48 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 18日
BOSE Mini Bluetooth speaker II
手のひらサイズでムッチャ小さいのに驚愕の音を出して驚きます。このサイズなのに豊かな低音と切れ
は半端ありません。逆に高音が少し伸びないのが不満と言えば少し不満ですけど、SONYの同等品
h.ear go SRS-HG1と聞き比べてみたらソニーはドンシャリ。BOSEは大人の味付けです。
サスガはBOSE。

c0005245_11333751.jpg

兎に角この小さな筐体から豊かな低音が出るのが驚きですね。この辺サスガはBOSEサウンド。

18で上京して寮の先輩の部屋にあった小さなシステムから凄い音が出ていて「これなんですか?」
「BOSEだよ」「え?坊主???」って驚いたことがもう40年以上前の事ですけど今でも思い出して
しまいます(笑)

c0005245_11334098.jpg

BluetootスピーカーはTHERMOS VECLOS SSA-40を持っていて、これはこれで真空エンクロージ
ャーの威力で澄み切った音を出すのですが、いかんせん低音がスカスカで苦しい。これ用のサブウー
ハーも出したら良いのにと思うのですが出しませんね。

↓左がBOSE、右がVECLOSですがVECLOSは低音が出ていないことが見ても解ります。

c0005245_10525039.jpg

↓反面VECLOSの高音は澄み切っていて気持ち良く、BOSEの方は少し籠もった感触です。これも波形を
見ると一目瞭然。
しかしこのアプリは無料なのに広告も出さずに凄い。Advanced Spectrum Analyzer Pro

c0005245_10524738.jpg

VECLOSとBOSEを同時に鳴らせたら良くなりそうですね(^^; BOSE QC35(ワイヤレスヘッドホ
ン)は一つの音源で2台のレシーバーを鳴らせますけど他メーカーは無理でしょう。ましてやスピー
カーは。

しかし2台のヘッドホンで音を共有するシチュエーションが思い浮かびませんね(^^;
友人やカップルで使うわけですが無言で同じ音楽を聴くってどんな時かな?

c0005245_1345399.png

この位置にスポッと収まり、朝方これで箕面山を走ってきましたが良い感じでした。
ただ万が一の時は危険なので固定する方策を考える必要はあるし、まぁCX-3には音は良くないけど
一応BluetoothとUSBオーディオはあるので車では使いません(^^;

しかし箕面山は主にロードスターの集団や今日はフェラも居ましたがスポーツ走行してるし、チャリ
ンコ集団も増えてきて危険極まりない感じですね。後ろに付かれるとウザくて仕方有りません。

サッサと抜いていけや!と思うのですけど、スムーズに運転している自分を抜けるようなウデもない
くせに困ったモノで(^^;

c0005245_21303274.jpg

チャリは登りは必死こいているので車から見たらシケイン。チャリを避けるのに中央に寄る→対向車が
来る→正面衝突かそれを避けようとしてチャリンコ粉砕。が目に浮かびます。

下りは車と同等かそれ以上の速度を出している奴も居るのでこれまた邪魔で危険。危なくて抜くに
抜けません。細いタイヤでスリップ転倒でもしたら対向車の餌食ですし。

c0005245_171092.jpg

車のスポーツ走行は取り締まるべきですけど、そろそろ箕面山のチャリは規制すべきですね。んな事を
言うとチャリさん達は「ふざけんな!」って切れるかと思いますが、チャリが勝手に突っ込んできて
車は壊されるわ、相手は大怪我または没・・とかでは面倒くさい事になりますから勘弁して欲しい。。

by webtyuu | 2017-03-18 17:40 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日
SONY MUC-M2BT1
LDAC対応のワイヤレスオーディオレシーバーです。イヤホン部は別売りというか、基本はソニー製 XBA-Z5、
XBA-A3、XBA-A2、XBA-H3、XBA-H2、XBA-300しか使えません。

しかしコネクター部がソニー独自規格とは言えMMCX準拠で、保証外ですがシュアなど取り付け可能との話し。
なので手持ちのPanasonic RP-HDE10、Westone Westone30、JVC HA-FX1100は使えるハズ。

本体は首に掛けておくので殆ど邪魔にならず35gしかないので肩こりも大丈夫です。しかしデザインがイマイチ
ですね。折りたためないのでデカイ袋が添付されています。ヘッドホンのQC35の方が折りたためるので余程
コンパクトになる感じ。ただこの袋にQC35がスッポリ入るので共用出来て助かりました。今まで裸で持ち歩いて
いたので。

イヤホンが繋がるコードが貧弱で心許ないです。18000円もするのに2~3千円のイヤホンみたい。直ぐに切れ
そうで怖いですね。ソニーだし。。
c0005245_5544843.jpg


ワイヤレスはBOSE QC35がとても良くてお気に入りですが、使えるのは電車で移動する時だけで、歩いてい
る時は危険なので使えないのが難点です。音量を絞ってもノイズキャンセルの威力で周囲の音が聞こえませ
んから。

c0005245_5312761.jpg

取り付けは手持ちの3種で全てOKでした。
早速Xperia Xとペアリングして聴いてみるとコレは凄い。下手なワイヤードより余程良い響きですね。音が
スッキリしていて濁りがありません。

LADC凄いなぁと思いながら今度はDP-X1に繋いで聴いてみるとこれまた良い。DP-X1は当然LDACではなく
aptXですが心地よい音が響きます。バランス4極ワイヤードには及びませんけど、コードが繋がる煩わしさを
考えるともうワイヤレスでいいや・・って感じ。

iPad mini4に繋いでみると、これは少しキンキンする感じです。コーデックはApppleなのでAACかな?
圧縮感があって気持ちよくない。
ジョブスさんがiPodでイノベーションを起こしましたけど、現在のApppleは音楽再生には向かないメーカーに
なってしまいました。変なプライドは早く捨ててflacとDSDに対応してBluetoothはaptX HDかソニーに頭を
下げてLDACを搭載しないと。

音には満足しましたがペアリングが1台しかできないのが面倒です。QC35は2台繋がるので楽。それと電源
ON時やペアリング時にQC35は機種名まで言ってくれるから何に繋がっているか分かりますが、コイツは
「Bluetooth Connected」としか言わないから何に繋がったのか分かりません。
細かい所でBOSEに負けてるぞ、ソニー。

しかしこれからはコードなんて邪魔くさいだけでアホくさく、ワイヤレスの時代ですね。
さて今日はワンちゃんを迎えるための準備で忙しい一日になります(^^;

by webtyuu | 2016-11-05 06:13 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 18日
久石譲「Piano Stories」
ピアノソロの凄い音源で音の良さに心が震えます。これぞハイレゾリューションの音。世に蔓延るニセレゾは
反省して欲しいですね。

しかし本当にピアノソロのインスツルメンタルアルバムで初めて飽きずに聴き入ることができました(^^; 
いや、これはお気に入りの一枚になりましたね。

これがなんとDSFとflacが同じ価格ですからお買い得です。DSD音源は通常4~5千円、もっとするのもあり
ますからDSDを再生できる環境でしたら言うまでも無くDSFの一手。
ここで「DSDとかDSFってナニよ?」と思った方はflacをポチるのが得策でしょう。flacも悪くありません。

c0005245_1311762.jpg

<以下紹介文の抜粋>

1989年に発売された自身初のピアノソロアルバムで、「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」、「となりの
トトロ」といったジブリ作品から、「Wの悲劇」「早春物語」などの名曲が、本人のピアノ演奏で蘇ります。

今回このアルバムをハイレゾ化し配信するに当たって、サウンドインスタジオの持つ技術とノウハウを惜しげ
なく注ぎ込み、44.1kHz16bitのCDマスターが内包していた音楽情報から、真に「ハイレゾリューション」と
呼べる情報を生成することに成功しました。

具体的には
1;20kHzを超える周波数領域における「自然な」上音の付加
2;レコーディング、マスタリング時において失われたピーク成分の復活
3;特に低レベル域におけるビットマッピングの最適化による時間領域での解像度の向上
4;以上の全てにわたる各条件の聴感補正(サウンドインスタジオのエンジニア技術)
を行っています。

久石譲の時代を超越した珠玉のメロディ達が、サウンドインスタジオの卓越した技術により、21世紀の音として、ここに蘇ります。

by webtyuu | 2016-08-18 13:13 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 17日
Spotify(スポティファイ)
Apple Music、Google Play Music、Amazon Prime Musicなどと同じく音楽ストリーミングサービスですが
世界ナンバーワンのシェアを誇ります。ちなみにスウェーデンの企業です。

これがいよいよ7月に国内ローンチの予定!と噂されつつも既に8月中旬ですね。
遅れている要因は日本の相変わらず規制だらけの閉鎖的な市場で苦労しているようです。2年程前に日本法
人が立ち上がりましたが、アクセスしても未だに「お住まいの国ではまだ提供されていません」と冷たいメッセ
ージ。

https://play.spotify.com/
c0005245_21244374.jpg


しかしそこは蛇の道は蛇(^^;
VPNでIPアドレスを他国に偽装してあげるとあっさり認証されDP-X1で使えるようになりました。アプリは日本
語化されてるし全く問題ありません。
アプリ自体はGooglePlayに無いのでAPKをUPしているサイトからDLしてインストールする必要があります
けど簡単です。

上記3社を含め音楽ストリーミングサービスは基本有料ですが、Spotifyは無料プランがあるのがエライの
です。
当然ながら無料は再生がシャッフルのみ、曲スキップは1時間7回まで、音質切替96kbpsと160kbpsなど
制限が多いのですが一応楽しめますね。

c0005245_21423949.jpg

GoogleやAppleには無いピンクフロイドのThe Wallや狂気なんかもあるし、洋楽ファンは楽しめます。
邦楽もBABYMETALがヒットしますね。

画面デザインは流石はスウェーデンでApple並に結構お洒落。ダサダサのGoogleは爪の垢を煎じて飲んで
欲しいぞと。。

今の所9月に日本ローンチで価格は他のサービスと横並びで月980円らしいですが、無料プランで楽しみな
がら取りあえずは様子見です。

by webtyuu | 2016-08-17 21:24 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2016年 08月 07日
BOSE QC35 レビュー
ノイズキャンセリングのヘッドホンを淀ウメで徹底比較してゲットです。自分への誕生日プレゼント(^^;
ブランド的にはゼンハイザーを使ってみたかったのですけど音が好みでは無くノイズキャンセルの効果も薄く、
そしてデカイので脱落。
AKG(アーカーゲー)も音がイマイチで、JBLは結構良かったのですけど、デザインに付いて行けなくパス。

「JBL様でござる」と言う感じで、こんなの電車で使えません。

c0005245_48105.jpg

ソニーのh.ear on Wireless NC(MDR-100ABN)も良かったのですけど、これもデザインが~(-_-;)
それとBluetoothはソニーお得意の独自仕様LDACなので当然WALKMANと相性はいいのですけど、今後も
WALKMANは買わないだろうしムカつく独自仕様のソニーはヤンペ(^^; 音は一番良かったのですけど残念。

最初はノイズキャンセリングが目的でしたがソニーを試してからワイヤレスも便利なことに気がつき、途中から
全部入りを探すことに。

c0005245_4143340.jpg

それで音的にもデザインも気に入ったBOSE QuietComfort 35 wireless headphones (QC35)に決定。
音はソニーMDR-100ABNが解像度があって良かったのですけど決め手はデザインですね。通勤時に使うので
シンプルなデザインが良いのと、久々にボーズ君を使える喜び(笑) 若い頃は好きなブランドだったので。

プライスは強気でなんと定価の39,960円です。Amazonも同じですね。販社の締め付けが厳しいようです。
淀で購入したので10%ポイントは付きましたが。

c0005245_5532529.jpg

特筆すべきはノイズキャンセルの効果でしょう。電源を入れるとヨドバシ店内のざわつきが一瞬に消えてコン
サートホールになるのは驚きです。ソニーも効果は高いのですけどノイズキャンセラー特有のホワイトノイズは
BOSEの方は殆どありません。

購入してからすぐに地下鉄で試しましたが効果抜群です。地下鉄の騒音が消えます。アナウンスも聞こえづらく
なるのであまり行く事が無い難波で降りるのに必至に目をこらして駅名を見るハメに(^^;

道を歩きながら使うのは危険です。車の音が全く聞こえません。部屋で試して見るとエアコンの送風音が消え
真夜中みたいです。コレは凄い。

c0005245_64358.jpg

左右の表示がなんと中のネットにデカデカと書かれています。まぁスイッチ部が付いているのが右側なので
このネットを見るまでも無くわかります。

c0005245_554659.jpg

右側に電源スイッチやボリウムがあり、音量操作や曲の停止、次曲、前曲への移動もできます。左利きの人は
使いづらいかも知れません。

電源を入れると「**とペアリングしてます。電池残量は**%です」と教えてくれて便利です。電池は取り替
え不可のリチウムイオン。満充電で約20時間使えるようです。通勤で毎日使うとして1か月は持つ計算でスタ
ミナは十分です。

電池切れの場合はコードを繋ぐと普通に聴くことができます。しかしこのコードの本体側が2.5mm3極で特殊な
形状なので付属コードを持ち歩く必要があります。3.5mmだったら良かったのに。

c0005245_5563644.jpg

スマホの専用アプリで操作可能です。このアプリで電池残量もわかります。背景画像はアプリに仕込んである
のがランダムに出てくるようです。製造年月日が判って7月16日製造。できたてのホヤホヤでした(^^; 

ちなみに製造国は中国。これは仕方ないですね。。

c0005245_11283723.jpg

音質は少し柔らかめで長時間聴いても疲れないチューニングのようです。言い換えれば解像感が少し低いです
ね。中高音は艶があってとても良いのですが、低音の締まりが無くロック系には少し向かない印象です。

なんだかBOSEらしからぬ音で万人向けかと。決して悪い音ではありません。
RP-HD10と比較するとHD10は高解像で低音もビシッと決まり気持ちよい音楽を聴かせてくれるのですが疲れ
るのであまり長時間聴けません。

c0005245_559232.jpg

浜田麻里「Misson」やBABYMETAL神バンドの演奏はバスドラムの音など切れが無く向いてないですが、
麻里さんやBABYMETALの3人のヴォーカルは聴きやすくていい感じです。

クラシックにはとても良いです。ノイズキャンセリングのお陰でピアニッシモの部分が埋もれず演奏に浸れます。
ストリングスの音色は艶やかで美しく管楽器の響きも良い。ヒラリー・ハーンや葉加瀬太郎のヴァイオリンも柔ら
かな音色がマッチしてます。

JAZZはイイですね~
シーネ・エイ、ソフィア・フィンニラ、ダイアナ・クラール、エミ・マイヤーなど女性ヴォーカルはゾクッと来ます。

これはDP-X1がダメなのですが時々Bluetoothが途切れます。XperiaZ3では切れません。
しかし音質はDP-X1が遙か上なので我慢するしか無いですね。本当に巫山戯た機械です。

おいオンキヨー、ソニー様から少し学んでくれ。超基本的な所だぞ。。

by webtyuu | 2016-08-07 11:51 | オーディオ | Trackback | Comments(0)