2018年 02月 12日
グランプリ・ドライバー
もしかすると日本で公開されないかも。と思ったりもしましたが無事に公開されました。
まぁホンダをディスるドキュメンタリーですから(笑)

AmazonPrime会員の方は「レースなんて興味無いわ」と言う人も見てみてください。
映像は美しくちゃんと裏側の事実を追ってますし、とても質の高いドキュメンタリーで面白い内容だと思います。

「競争が激しく、秘密の多いフォーミュラ1の世界に迫るシリーズ。
名門F1チームの1つ、マクラーレンが2017年のプレシーズン中、メルボルンでの開幕戦に向けて準備を進める様子を追う。
過去3年間、勝利に縁のなかったマクラーレンは、ストフェル・バンドーンというルーキー・ドライバーを擁し、トップへの返り咲きを狙う。
全4話にわたり、マクラーレン・チームの挑戦をお届けする。」

c0005245_07451070.jpg

しかし改めてホンダの罪深さを思い知りましたね。
3年にわたってフェルナンド・アロンソは当然、マクラーレンの社員800人の夢と希望と努力を踏みにじって来た訳ですから酷い会社です。
ホンダは数万人規模の会社ですけど、F1がどうなろうが殆どの社員は『関係ナイモンネ』でしょう。

そのエンジン(PU)を作っている『さくら』のゆとり技術者連中だってしかり。
全く勝てなくても査定が悪くって給料が下がるとかクビになるとかも無く、会社が潰れる訳でも無い。

しかしマクラーレン側は違います。レースの結果が命。
数多くのスポンサーから逃げられ財政面で困る事になり、毎回毎回エンジンのせいでまともに走れないのですから士気が下がって当然です。

これがホンダオタ共に言わせると『マクラーレンがぁ~』、『アロンソが~』と訳の分からん事を喚き立て情けないこと甚だしい。
Amazonのレビューに「マクラーレンによるフェイク動画だ」とか書いているバカも居ますけど日本人として恥ずかしいですね。
非は素直に認めないと。

悪いのはまともに動かない直ぐに壊れるポンコツエンジンしか作れなかったホンダ。
直線でビュンビュン抜かれる競争力の無いエンジンしか作れなかったホンダ。
これは間違いないのですから。『シャーシがー』と言うのはエンジンがちゃんと機能して言える台詞です。

アロンソに至っては『ホンダ様をディスるのは悪だ』ですから話になりません(笑)
しかし2年は我慢してましたよ。公然と文句を言うようになったのは3年目。仕方ないわ。


c0005245_07590423.jpg
LUMIX DMC-GH5 + LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.


マクラーレンはもう我慢できず今年からルノーにチェンジしましたが今頃シャーシの製作でてんてこ舞いでしょう。
まぁホンダより随分マシですけどルノーもアレなんで今年も苦労すると思います(^^;

さて2月26日から始まるバルセロナテストが楽しみですね。
F1はあまり見る気がしなくなりましたけどマクラーレン・ルノーは密かに応援します(笑)

c0005245_08244875.jpg
LUMIX DMC-GH5 + LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8/POWER O.I.S.


ホンダはイタリアのプライベーターでレッドブルの2theチーム『トロロッソ』が使ってくれ、なんとか無様な撤退を免れてF1に留まれましたが、エンジンはサスガに去年よりマシになるでしょう。
でないと今度はレッドブルが黙ってません。
レッドブルはルノーを切って、来年はマシになるであろうホンダにチェンジする腹づもりですから。

マクラーレンのプレッシャーは相当なものだったと思いますけど、もしかするとそれ以上のプレッシャーが掛けられるかも(^^;
まぁガンバってみろ、ホンダ。
8号さん、1兆円の利益をケチらんともう少しF1に回してあげたら?





by webtyuu | 2018-02-12 08:34 | 日常 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://tyuu.exblog.jp/tb/29289626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by inamoku at 2018-02-13 08:26
これ、観ました。
ホンダ側のドキュメンタリーも見てみたい(笑)
Commented by webtyuu at 2018-02-13 09:15
※いなやん

ホンダ側はNHKが作ってましたね。
さくら研究所の若いゆとり技術者たちの奮闘記です。
それを見た真っ当なF1ファンの多くは「こりゃダメだ」と炎上してました(笑)

Commented by inamoku at 2018-02-15 09:19
ホンダ側のドキュメンタリー見ました!
いやぁ、面白かったです。
結局マクラーレン側とホンダ側では、F1の意味が全く違う。
マクラーレンは広告代理店でホンダはスポンサーの一つみたいなもんですね。
私は製造業なのでホンダ側の方が理解出来ます。(笑)
なんだかホンダ側に「ホンダ魂は無くなったのか?」みたいなコメント多いけど
スターウオーズを作ったルーカスとスターウオーズに命かけてる狂信的ファンが続編に「こんなのはスターウオーズじゃない」とルーカスを責める争いのようです。(笑)
研究開発、社員育成&コマーシャルが目的のホンダからすると
「てめーらの為にやってんじゃねーよ」って言いたい人も居るはず(笑)
でも、ドライバーは本当に「命かけてやってる」から本音は言うわな(^_^;)
Commented by webtyuu at 2018-02-15 21:06
※いなやん

>「てめーらの為にやってんじゃねーよ」って言いたい人も居るはず(笑)

こんなバカは居ないと思いたい(^^;
確かに五輪で「金メダル期待!」とか言って選手にプレッシャーを掛けているマスゴミや多くのファンには言って良い台詞ですね。
でもF1は違うんですよ。

チームとドライバーが莫大な金と名誉とプライドを賭けて戦う壮絶な世界なのに、ホンダは若い技術者育成とかアホな事を言っているから大幅にズレている訳です。

今年新開発されたエンジンの出鼻を挫いたのはオイルタンクの設計ミスでした。
強烈なGを知らず設計したのでオイルが行き届かずにエンジンブロー。
それで現地で3Dプリンターで応急改造。これで勝てる訳が無い。
こんな素人集団ではマクラーレンでなくてもさじを投げますわ。
社内でノウハウの継承、伝達が全く無いのがバレバレでアホの極みです。

くたばれホンダですね(^^;



<< CF-XZ6      痛風発作(涙) >>