2018年 06月 28日
AQUOS sense plus SH-M07 レビュー
特にこれと言った特徴は無くシンプルなデザインですが、何よりも「SHARP」のロゴが消えたのが良いですね。
手に持った感じ高級感は無いですけど安物感もなく、普段使う道具としては及第点かと。


左:SH-M04 /右:SH-M07
c0005245_07340421.jpg

SH-M04より8mm長くなりその分液晶が縦長になって5インチから5.5インチになりました。
液晶は当然ながらシャープ自慢のEGZOパネルです。

指紋認証用のボタンがiPhoneのホームボタンの位置に付き、このボタンが優れモノで、ホームボタンになるのは勿論、右→左になぞると「戻る」で左→右になぞると「履歴」になるので、画面内のボタンを消すことができ液晶画面が更に広がります。


左:Androidのデフォルト(画面内に操作ボタンがある)/右:指紋認証ボタンに機能を割り付け
c0005245_08001226.jpg


付属品は取説、1AのACアダプター、USB type-Cのケーブルの3点。
このスマホは急速充電対応ですが付属のACアダプターでは通常速度なので、早く充電するには別売りのQuick Charge 3.0かUSB PD対応品が必要になります。

実際にはまだ試せてないのですが、フル充電にカタログ値で200分掛かりますが120分でできたと言う報告がありました。
その辺は後日検証します。

c0005245_08064760.jpg

当然USBはtype-CでようやくiPhoneのLightningのようにリバーシブルに(^^;

しかしLightningって端子が剥きだしで、ワンコを飼い始めて気付いたのですけど、犬や猫が舐めると感電して最悪死ぬ恐れもありますね。
時々スマホを風呂場やシャワーで充電しながら使って感電死した記事が出ますけど、犬が死んでもニュースになりません。

それでiPhone、iPadを使う息子には注意してますが、type-Cなら舐めても感電の心配は無さそうです。
まぁどんなコードでも齧ったらダメです(^^;


左:type-C/右:Lightning
c0005245_08521895.jpg

スペック的にはメモリ3G、ストレージ32GBと個人的には十分です。
これまで使っていたSH-M04はメモリ2G、ストレージ16GBでかなり窮屈でしたが余裕になりました。
動きも速くて全く問題ありません。
ゲームをする事は無いので無駄に電池を浪費するハイスペックは不要です。

『Antutu』と言うベンチソフトで計測してみました。
目安としては下記のようです。
・50000前後:ミドルスペック
・80,000~120,000台:ミドルハイ
・130,000以上:ハイスペック

面白いので現在手持ちのAndroid機でスコア競争^^;

SH-M07          85,155 指紋認証も速いし動作はキビキビです。
SH-M04          54,734 特にストレスになる事はありませんでした。
DP-X1           64,035 DAPなのでフツーに使えます。
Fiio X5            23,798 DAPですが操作にイライラします。
Fire HD10         78,586 速い印象は無いのですがストレスはありません。
Xperia X performance   134,269 気持ちいい使い心地です。先程Android8が降ってきました!
CF-XZ6(エミュレータ上)  167,844
CF-LX3(エミュレータ上)  408,833

c0005245_09101368.jpg

凡そ想像通りでしたが最新マシンのXZ6がLX3に大きく負けたのが不思議。エミュレータの相性かな?
Fire HD10が想像以上の健闘でした。

さて音楽です。
Android 8にはBluetoothのコーデックにaptx HDとソニーのLDACが搭載されました。
Bluetoothのコーデックは「SBC」が標準ですが音質はよくありません。

で音楽や映画鑑賞用に開発されたのがaptxで、その上位として最近出たのがaptX HDです。
ソニーは得意の独自技術囲い込みで高音質コーデック「LDAC」を展開してきましたが、ここに来てオープンに展開する作戦に転換したようです。

但しオープンソース化されたのはエンコーダのみで、デコード側は相変わらずライセンス料が掛かります。
種を沢山巻いてレシーバーで稼ごうという魂胆ですね(^^;


c0005245_10343277.jpg


しかしLDAP搭載レシーバーのソニー MCU-M2BT1で試してみましたが、どうやってもLDACで繋がりません。
aptxで接続されてしまいます。
ハードの相性なのかな?まだ完璧と言う訳では無さそうですね。

もっともSH-M07の音質自体はフツーのスマホやiPhone並の音質でLDAPは意味ありません(^^;
FLACやDSDなどのハイレゾ音源にも対応しましたが、これで音楽を聴くことは無いでしょう。

スマホのカメラも興味ないのでドーでもよくてレビュー無し(^^;
最近は何だか知らないけどデュアルレンズとかライカレンズとか笑ってしまいます。

職場はカメラ持ち込み禁止で、スマホのカメラ部には封印シールを貼らなくてはいけなく、しかしそれは不細工なのでボンドで蓋をします(笑)

SH-M04はこんな感じ(笑)
c0005245_10461961.jpg

お値段は現在45,000円前後でしょうか。
ただMVNO各社は工夫を凝らしていて自分が購入した楽天モバイルで32,800円でしたが、現在OCNモバイルが29,800円で最安みたいですね。

リッチなキャリア組の皆さんは関係ない話ですけど、貧民の味方、MVNOを使う人にとっては良い端末だと思います。
結構速くて使いやすく、そしてお財布に防水と言う日本定番の機能が付いていますから。

スマホ事業から富士通が撤退して日本で残るのはソニーと京セラだけになりました。
ソニーは高付加価値の高級機で行くようだし京セラなんかは風前の灯です。

あと頼れるのは資本は中華になっちゃったけども、日本人が創るシャープだけですから頑張って欲しいですね。
HUAWEIやOPPO、ギャラクシーなんて死んでも使いたくないですから。






by webtyuu | 2018-06-28 17:51 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tyuu.exblog.jp/tb/29601929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< サッカーWP(追加あり)      MVNO変更 >>