人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年 01月 17日
エージング
オーディオを語る時に二言目には「エージングがどうたら」と言う言葉がまかり通ってますけど失笑です。
新しいDAPのエージングが終わったから聴きやすくなったとか、イヤホンのエージングが進んで角が取れたなどなどが当たり前のように語られていますけど、「んな訳ないやろ」と。

まぁウォークマンは「200時間で最高音質です!」ってソニー様が堂々と唄ってる訳ですが、霊感商法の壺みたいな音楽専用SDカードなんてのを高値で売ってるメーカーだから(笑)


エージング_c0005245_06523156.jpg


コンデンサーや抵抗が200時間ぐらいの経年変化(早く言えば劣化ですね)で音が変わるようでは、そんな製品は直ぐにダメになるのが普通に考えて分かるようなものですが。
ウォークマン信者は200時間のエージングが終わって最高音質になると、それが永遠に続くと思っているからお目出度いですよね。
ソニー様が使う高分子コンデンサーは200時間の通電で電解容量が感じよくなって、そこで止まるのでしょうか?
「んな訳ないやろ」(笑)

200時間くらいで音の変化が分かる位抜けてしまうようでは1000時間使ったら完全に抜けてしまうって。
「エージングが終わる」なんて事は無いのです。劣化は進むのです。

と大昔から常々思っていたのですけど、チャネル登録して見ている『創造の館 Technical Report』で取り上げてくれ、膝を打って納得です。






『創造の館 Technical Report』は実測して割と科学的、理論的に考察し、色々なものを取り上げていて参考になります。
330万円のアンプと9,800円のアンプで違いは無いとか(笑)

まぁオーディオは個人で楽しむものですから色々あって良いし、また面白いのですけどね。






by webtyuu | 2021-01-17 07:41 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tyuu.exblog.jp/tb/31947362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 家族になりました      新しい家族(予定4) >>