人気ブログランキング | 話題のタグを見る
2021年 12月 13日
マックス・フェルスタッペン王者決定
レッドブルのフェルスタッペンとメルセデスのハミルトンが同点で最終戦を迎える事になりましたが、これは実に47年ぶりのことだそうで。
1974年のエマーソン・フィッティパルディ(マクラーレン・フォード)とレガゾーニ(フェラーリ)の対決以来ですね。
もう伝説の人たち105.png

レースは終盤までハミルトンリードで「このままかよ」と思っていたところにウイリアムズのラティフィー君がクラッシュしてセーフチーカー出動。ここで運気が変わりました。
ピットインをステーアウトしたハミルトンと、この機にソフトタイタに履き替えラスト一周に掛けるフェルスタッペンが最後は気迫でハミを抜いて優勝! 
そして念願のシリーズチャンピオン決定です!!

おめでとう!!!マックス〜103.png103.png103.png

ついでに角田ゆうきくんもおめでとう!!!
最終戦で初めて僚友ガスリーに予選で勝って、レースでも自己最高の4位ゲット。前のフェーラリまでコンマ5秒差で表彰台が惜しかった。さぁ来年は飛躍や。


マックス・フェルスタッペン王者決定_c0005245_07115401.png

ルールブック上の解釈の相違などがあってメルセデス激おこの結末となりスッキリしない形で終えることになりましたけど、これを日本では「因果報復」と言いますね。
ハミルトンやメルセデスが今シーズン繰り広げた数々のズルや汚いドライビングはちゃんとお天道様、八百万の神が見ていてくれたという所です104.png
溜飲が落ちるとはこのことでした。

ホンダもセナ以来30年ぶりの王者奪還ということで、まぁおめと言っておきましょう。
最初の2年はまともに走る事すらできないポンコツPUでしたが、なんだかんだ言いながら最後は結果を残しましたね。大したものです。

しかし出たり入ったりで、しかも今回は「もう撤退はしません」と言い切っていたのに、今度はカーボンニュートラルがどうたらって理由をつけてまた逃げだす始末。

現在PUを供給している4メーカーのうち、フェラーリとメルセデスはテイストが少し違いますけど、同じ大衆車メーカーであるルノーは前回ホンダが投げ出したリーマンショックの時も、今回のカーボンニュートラルとやらでも歯を食いしばってF1に残っているのとは対照的です。

そこが敬意に値するか軽蔑されるかの違いですね。
ホンダはもう絶対にF1には戻ってくんなよ!

割と面白かった2021年シリーズが終わり、来年は全く新しいコンセプトの車になるので楽しみです。
WRCも同様ハイブリッドになり全く新しい車になって楽しみですね。

今年は終わった(笑)




by webtyuu | 2021-12-13 07:45 | 日常 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://tyuu.exblog.jp/tb/32407918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< Amazon恐るべし      音楽サブスク >>