2019年 03月 24日
ミナミ
主賓の亀さん、遠路はるばる横浜からお越しいただいた倫さん、他各位様、昨日はお疲れさまでした。
昼12時から17時の飲み、食い放題は壮絶でしたね(笑)

久々に難波に行きましたが人の多さには驚きました。
しかも殆どが中国人でしょうか。

2次会のカラオケを待っている時にトイレを借りに向かいのドラッグストアに入りキャラメルを買ってレジに並ぶと、中国人の若い女(結構美人だった(^^;)が自分の前に割り込んで「はぁ???」

「ジュンバンネ!ジュ・ン・バン!!」と言っても聞かず、レジが空いたら行こうとするので『日本人を舐めるな(-_-メ)』と押しのけてやりましたけど、これが中国人かと身をもって体験(^^;

この方は恐らく日本人ですけど、鷹匠さんですか。
大きなタカを手に乗せて悠々と人ごみの中を歩いてましたけど、なんなんだ?


c0005245_08553470.jpg

ミナミは滅多に行きませんが相変わらず面白い所ですね。




# by webtyuu | 2019-03-24 09:02 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 19日
移転完了
オフィスの引っ越しはこの土日で終わりましたが、最後の一部のシステム移転が昨晩終わって無事に移転プロジェクトが完了しホッとしている所です。
設計通り順調だったのに、昨晩は最後の最後にNTTに足を引っ張られ肝を冷やしましたが、なんとか終わりました。

NTTのお陰で5時ごろに軽く夕食を取ろうと思っていたのに取れずじまいで、夜中はお腹ペコペコ(-_-;)
まぁしかし、なんやかんやありましたけど、こういう大きな仕事は非日常なので楽めました。


c0005245_09321699.jpg

さて34階での会社生活になりますが、大きな地震だけはご勘弁を。。
万一ビルが崩壊するような事になっても、まぁ一瞬の事なので仕方ないですけど、エレベーターの閉じ込めだけが恐怖ですね。
朝昼の満員状態だったら地獄。。。




# by webtyuu | 2019-03-19 09:44 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 16日
モータースポーツ開幕-追加あり
春到来でモータースポーツの開幕です。
MotoGPは開幕戦のカタールGが終わって A・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)の勝利でした。
本命のM・マルケス(ホンダ)は2位に沈み、もう一人の本命ロレンソ(ホンダ)は転倒で肋骨にヒビ。

元々バイクのレースはあまり興味なかったのですけど、Amazonプライムで配信された「FASTEST」を見て『こ、こいつら基地外だ!!』って(笑)
バレンティーノ・ロッシがメインの映像ですが命知らずのライダーたちが繰り広げるバトルはスゲーですね。

骨折なんて当たり前で、松葉杖でバイクに跨りレースに出るんですからアホです(笑)
しかしF1より面白い!
そのV・ロッシは5位でしたが、ココの所ヤマハはドゥカティやホンダに歯が立ちません。。


c0005245_07274588.jpg

そしてWRCです。
既に2戦が終わって先週第3戦のメキシコでしたが、トヨタは灼熱地獄と高地による出力低下で惨敗続きのメキシコで2位に入り、マニファクチャーとドライバーポイントで首位を堅守。

トップは今年Mスポーツ(フォード)からシトロエンに鞍替えした王者オジェさんで早くも今期2勝目です。
流石は王者ですけど、トヨタのタナックが今年はオジェを破るか楽しみ。


c0005245_07295670.jpg

そしていよいよF1の開幕で初戦のオーストラリアです。
フリー1,2が終わった段階ではボロカスホンダが5年目にしてようやく勝てるエンジンを作れた感じですね。
まだ出力はメルセデスとフェラーリに負けているようですけど、シャーシが超一流のレッドブルですから。

しかしスペインでのテストでは下位に沈んでいたメルセデスはやはり三味線を弾いていました。
いきなりダントツの速さで舌を巻きます。

さて今日の予選と明日の決勝が楽しみ。
しかし折角時差が無いオーストラリアなのに、明日は事務所引っ越し後のシステム対応で出勤です(;_:)




c0005245_07332561.jpg

<追加>
衝撃の予選でしたね。
なんとメルセデスが余裕の1-2で3位のフェラーリに0.7秒と言う大差を付ける結果とは絶句!
テストの結果は三味線だとは思ってましたけど、ここまで三味線が巧いとは程があります。参りました(^^;

フェラーリの間に滑り込んで2列目の4位を勝ち取ったのがレッドブルのタッペン君。流石です。
ホンダは復帰5年目にして最上位のリザルトを得ることに。
しかしガスリー君は戦略を誤ってQ1敗退の17位と撃沈。

RBと同じくホンダを積むトロロッソはQ2敗退で13位と15位で少々期待外れ。
面白いのは下剋上でした。
トロロッソでデビューした新人アルボン君(タイ人)が速さで定評のあるクビアト(ロシア人)より上って驚き。
そしてマクラーレンではカルロス・サインツ・JがQ1で敗退したのに、新人ノリス君がQ3まで進んで8位をゲットです。

いやぁ、ここ数年で一番面白い予選でしたね。
今年のF1は期待できます。
明日のレースが楽しみ。




# by webtyuu | 2019-03-16 07:19 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 09日
トリック1
Amazonプライムで配信されてたので見てみると結構面白いですね。
しかし何といっても19年前の仲間由紀恵さんが綺麗で可愛くてたまりません(^^;
野際陽子さんも綺麗な人でした。


c0005245_07214817.jpg

仲間由紀恵さんの貧乳いじりとか、阿部寛を巨根の持ち主として、事ある毎に仲間に「巨根」と言わせたり、テーブルを持ち上げるとか立ちション時に天まで飛ばすなんて表現は19年前だからできてたのでしょうか。
ドラマは殆ど見ませんけど現在は無理なような気がします。

しかし電車で見ていて吹きそうになりますね(^^;

そして驚いたのが鬼塚ちひろの「月光」がトリックの主題歌だったとは。
この曲は好きな曲調で昔昔から知っていて、プレイリストに入っているので今でも時々掛かりますけど、ドラマの主題歌だったとは知りませんでした。
てっきりファイナルファンタジーとかドラクエなどのゲームの曲かと勝手に思い込んでいたので。。






シーズン1の最終10話の最後に唐突に鬼塚ちひろが歌い始めて「あら?」と言う演出でしたが、現在かなりケバくなりましたけど当時は初々しかったんだと、これにもビックリ(笑)


after
c0005245_07370823.jpg
before
c0005245_07415618.jpg

今かみさんがGRIMMにハマっていて家では中々見れないので引き続き通勤時の電車で見ようと思います。
しかし等々今週末にオフィスが都心に引っ越しとなり、来週からは通勤地獄。
どうやって見ようか。。




# by webtyuu | 2019-03-09 07:58 | 日常 | Trackback | Comments(0)
2019年 02月 24日
Let’s note CF-SZ5 HDD→SSD換装
XZ6から外した256GBのSSDをかみさんのLet’s note CF-SZ5に乗せ換えです。
SZ5には1TBのHDDが積んでありますが、中を見ると50GBしか使ってないので256GBもあれば余裕。
用途はfacebookと夕食のレシピくらいですから(笑)

HDDモデルなのでインターフェースはSATAで、XZ6のSSDを付けるにはM.2(NGFF) → 2.5SATA変換が必要ですが、アマゾンで999円でした。
これが5千円とかしたらやる気はしませんでしたけど、千円ならええかと(^^;

まずはクローンの作成です。
今回は先日行ったXZ6の手順と違い先にクローンを作れる環境なので、システムをバックアップしてSSDを交換してからシステムを戻すより手間が省けます。
恐らくBIOSやOSを触る事もないでしょう。クローンができたら後は分解して交換するだけでOKなはず。

SATA変換ケースにXZ6から取り出したSamsungのSSDを装着します。
特に注意することは無いですけど、この時期は静電気が体に溜まりやすいですから、作業する前にはドアノブとかサッシの枠などの金属部に触ってから作業しましょう。

PC内部やパーツに触ったときに「パチっ」となるとご臨終です(^^;

c0005245_07113151.jpg

SSDを装着したSATAケースをUSBケースに入れSZ5に繋ぎます。
USBケースが無ければこの際調達した方がイイでしょう。あれば何かと便利です。
ケチるのなら先日行ったXZ6換装の手順になりますね。チョイと面倒。

c0005245_07113604.jpg

EaseUS Todo Backupを立ち上げてクローンの作成です。
これには意外に時間がかかりました。

1時間経っても進捗が50%ほど。2時間経過してもまだ50%ほどで「う~ん・・・1回止めるか・・」とチラッと考えましたが、LEDはチカチカして動いている様子なので続行すると、2時間半くらい経ったところでいきなり完了し、ホ。。

恐らく1TBのボリウムを256GBに縮めるのに時間を要したものと推測します。


c0005245_07114112.jpg

クローンができたら分解です。
まずはバッテリーを外して裏面のネジを外していきます。
全部で19個もあり仕様の違うネジが使われているので、ガムテでシートを作って置きました。

通常は紙の上に置いてビスの位置を間違えないようにしますが、間違いなくニャンコが邪魔しに来て一瞬でアジャパーになる事が目に見えたので対策です(^^;


c0005245_17533411.jpg

ネジが外れると簡単に裏蓋を取り外すことができます。
後は右下の内臓HDDを抜いてSATAケースに入れたSSDを挿すだけ。


c0005245_07460315.jpg

蓋を取り付け電源を入れると無事に立ち上がりました。やはりBIOSやOSを触らなくても大丈夫でしたね。
HDDでは立ち上がるまで2分ほど掛かってましたが10秒ほどで立ち上がり、さすがはSSD。

ストレージの換装作業としては先にクローンを作った方がBIOSやらOSを触らなくていいので楽でした。
PCに詳しくない人がSSD小→SSD大への換装を考えるなら、ケチらないでSATAケースとUSBケースを買って最初にクローンを作ることをお勧めします。

余った1TBのHDDはビエラの外付けHDDで利用です。
今まで320GBを使っていて約30時間分しか録画できませんでしたが、これが91時間に伸びました。
まぁ録画しっぱなしで見ないものばかりのゴミ箱状態になる恐れがありますけど(^^;




# by webtyuu | 2019-02-24 06:24 | 日常 | Trackback | Comments(3)
2019年 02月 23日
SH-UPX01 レビュー
ナントカを貼れば音が良くなるとか意味不明なオカルトグッズはオーディオの世界には山ほどありまして、SONYの音楽用SDカードなんかは最たるものと思います。
個人的には詐欺臭いと。


c0005245_14580171.jpg
SDカードで音が変わるのなら、その前に内蔵メモリーとSDカードの違いは当然ありますわねと。
HDDとSSDはどうなんだとか。
その違いをまず言ってくれと。しかしSONYも誰もそこには触れません。文系の人は騙せても自分は騙されんぞ(^^;

でパナソニックからUSBに挿すだけで音が改善される『USBパワーコンディショナー』なるものが出て、「パナよ、お前もか」と。
USB端子に接続する事で機器内部の電源ノイズを低減し、音質を高めるという製品です。
なんだか胡散臭いなぁ(笑)


c0005245_14591770.jpg

ところが生い立ちを見るとソニーと違ってインチキではなさそう。
当初ディーガの高級機にオマケで同梱され、その後改良された2号機もオマケだったので一般では買う事の出来ない製品でしたが、利用者からの口コミで知れ渡り、3号機で商品として世に出てきたものになります。


c0005245_14593970.jpg

出た当初から興味津々だったのですけど、こんなモノが3万円もしたので買ってオカルトグッズだったらショックが大きい。
それで様子見でしたが、現在は2万5千円くらいですか。それよりも少し安く手に入りそうだったので申し込んでみたら当たったので早速確かめてみることに。


高級そうな化粧箱
c0005245_15080697.jpg
開けるとでで~ん。思っていたより大きい。
c0005245_15084760.jpg


まずはCF-LX3に挿し、USB DACでテクニクスSU-C700→MarkAudio CHR-70v3バックロードホーンでアコースティックなクラッシックを聞いてみる事に。
音源はNAS上にあります。

え?・・うへ~!これは凄い。
奥村愛さんのヴァイオリンが綺麗に浮かび上がり驚きました。
その後小澤征爾さんやカラヤンなどの交響曲を試しましたが挿した後では明らかにS/Nの向上が感じられます。
バックグラウンドが静寂になり埋もれていた音が浮かび上がります。

例えて言うと、普段は目に見えてない空気中に漂う塵が消え去った冬の夜空のような感じですね。
普段聴いていてノイズなど聞こえませんけど、それが無くなって初めてその存在が分かりました。

ならばヘヴィメタルは?と思い、毎日聞いている浜田麻里さんを聴くとひっくり返りました(@_@)
麻里さんのハイトーンが飛び出てくる感じ。ギターもドラムもベースも生き生き聞こえます。

明らかに挿す前と挿してからでは出てくる音が異なりますね。
PCは雑音の根源と言う事は分かっていましたけど、こんなモノでこんなに変わるとは!
驚きました。


c0005245_15100742.jpg

次にネットワークプレーヤのパイオニアA70に装着。
構成はNAS音源→A70→TRIODE TRV-88SER(真空管)→KEF LS50

やはり印象は同じです。
PCのUSB DACほど顕著ではないですけど明らかに音がクリアーになります。


c0005245_15161274.jpg

これは買って正解でした。
普通の感覚からしたらお高いものですけど、オーディオアクセサリーとしては割と安価な部類ですから、コスパは良いのかもしれませんね。

オカルトグッズでなくて良かった(^^;




# by webtyuu | 2019-02-23 06:03 | オーディオ | Trackback | Comments(0)