カテゴリ:オーディオ( 104 )

2018年 10月 10日
NW-ZX300 その2
ZX300を使う上でそれ程の障害ではないですけど気になった点がいくつか。

これは最初に書きましたがプレイリストの仕様がアホです。
内臓メモリーに入れた曲とSDカードに入れた曲を同じプレイリストに入れることができません。
これはかなりのアホかと。『バカじゃないの?ソニーは』と言う感じですね。


c0005245_07100576.jpg



ZX300は多彩なワザで音質調整ができたり、基本は使いませんが細かく調整できるイコライザーも付いているのですが、wireless接続時は効きません。
いくらやっても音質が変わらないので「不良?」と思いながら取説を見ると、ナンだこりゃと言う仕様ですね。

これまたアホかと。
ちなみにDP-X1はwirelessでもイコライザーは当たり前だけど使えますね。


c0005245_07165256.jpg


またまたアホな仕様の3つ目。
画面表示はカバーアートの他にスペクトラム アナライザー、アナログ レベルメーター、デジタル ピークメーターの4種類から選んで表示できます。
それでSpotifyからflacで落した音源のアートが表示しない(MP3はOK)ので何かを表示しようと思いきや、wirelessにした途端にアートに戻ってしまいます。

それでwirelessでSpotifyを聴く時は味気のない♪マーク。
まぁ聴いているときは関係ありませんけど、曲を選ぶ際に海外ポップのフォルダーを開ると、アイコンが真っ黒けで英語の曲名しか出ないので訳が分かりません(^^;


c0005245_08071129.jpg


通常の音源は下から好きなタイプを選べます。ワイヤードの時は。
左からカバーアート、スペクトラム アナライザー、アナログ レベルメーター、デジタル ピークメーター。

ホンマにアホですね、ソニーは(-_-;)


c0005245_07273219.jpg


使って数日の感想なのでまだ出てくるかもしれませんけど取りあえずです。
以前に比べて丸くなったソニー様ですけど、USBの仕様も旧態依然ですし、まだまだですね、ソニーは。

しかしレシーバーはRP-HD600NとMUC-M2BT1+RP-HDE10を使い分けていますが、LDACで接続して歩いても切れる事は無いし、この辺は流石にソニーとパナソニック言った所でしょう。
反面DP-X1は歩きながらでは使えたものではありません。音響メーカーの限界でしょうか。


c0005245_14473306.jpg


ソニーに負けに劣らずパナもアホです。
DAPを落としてBluetoothが切れると5分後にオートパワーオフで電源が切れると説明書に書いてあります。
BOSE QC 35も同様でこれは当たり前のことなのですけど、これが待てど暮らせど切れません。

で改めて説明書を読むと、なんとノイズキャンセリングがONだとオートパワーオフが効かないと小さな注意書きで記載。
アホか~!
HD600Nを買ってノイズキャンセリングを使わんユーザーがおると思っとんのか。舐めとんのか~!(-_-;)

ほんとソニーもパナも担当者の頭をひっぱたいてやりたいですね(笑)
何を考えてモノ創りをしとんのじゃ。自分で使いこんでいるのかと。そんなに使ってないんだろうな、きっと。。

まぁこれから使い込んで気になることがあったらまた書いてみたいと思います。




by webtyuu | 2018-10-10 07:18 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日
NW-ZX300
ワイヤレスヘッドホンのRP-HD600Nを使いだしてから手持ちDAP(DP-X1とFiio X5 3rd)の不満が高まってきて、熟慮した結果ポチ。
A10以来5年ぶりくらいのウォークマンです。
発売したのはもう1年くらい前で、あと半年もしたら後継機の噂とか出てきそうですが、まぁいいかと。

c0005245_15332299.jpg

本当はaptx HD、LDAC搭載のAndroid DAPが欲しいのですけど、今のところ世の中に存在しないので止む無くのウォークマンですね。
もしそんなのが有ればこの際はAstell&Kernでもシャーナイと一時腹を括ったのですけど、韓国メーカー製など買ってしまっていたら末代までの恥でした(^^;

Android機が欲しいのはSpotifyを聞くためですが、仕方ないので専用アプリで音源を落としXZ300に転送する方法があるので、面倒くさいけどそれで回避です。

アプリは①noteburner-spotify-musicと②sidify-musicと③TuneMobie Spotify Musicの3本を試用。
立ち上げてみると①と②は同じソフトですね。価格も4,500円で同じです。

しかし①は曲をダウンロードすると全然違う曲が落ちてくる(-_-;)
②は大丈夫でしたがFLACで落としても少し音が甘くなる感じ。
③は取りあえず問題なかったので$41をPayPal で支払い消費税が付いて4,946円でした。

c0005245_17424995.jpg

アクティベーションをして使ってみると一回では落ちてくれません。エラーの嵐(;_:)
エラーになったら根気よくやり直すと落ちてくる。チョー面倒くさい(:_;)

何処でも良いけど、はよAndroid8のDAPを出しておくれと。もっとも出たとしてもZX300を使い続けますけど。。

追加 10月13日
Verが2.3.0から2.3.1にUPしましたがエラーが無くなりましたね。
関係者はここを見てたの?(笑)
flacで落としたものをMP3で落とし直ししているのですけど、タイミングが良かったのか助かりました。

flacで落とすと画像は入っているのですけどウォークマンで表示されないので、MP3で落とし直しです。
元々がストリーミング音源ですからflacで落とす必要は無かったですね(^^;

c0005245_17355889.jpg

ZX300のレビューは山ほど出ているので今更ですが、少しだけ感想を。
A10は兎に角使いづらかった覚えがありますがかなり改善され熟成しましたね。使いやすくなりました。
設定項目は多岐にわたりますけど特に説明書を見る必要もなく使えます。

しかしシャッフルのアイコンだけ分からなかったので確認(-_-;)
↓古今東西どんなアプリやDAPも右側の絵だと思いますけど、ソニー様は左の絵です。なんじゃこれ?

c0005245_10013370.jpg
それとプレイリストがアカン。
内臓メモリーにある曲とSDにある曲を同じプレイリストに入れることができません。
これは話にならない仕様ですね。


c0005245_12472605.jpg

手に持った感じは小さく、しかしずっしりしてイイ感じ。
まぁDP-X1は巨大だし、手ごろなFiio X5 3rdよりも小さく、縦長なので持ちやすい。
筐体はアルミ削り出しで他の2機種同様に高級感があります。

色は黒と銀の2色展開ですがアルマイト塗装の厚みが僅かに異なり(銀が薄い)開発者に言わせると音が違うそうです。
開発者インタビューで「私は銀が好き。」「僕は黒です。」「その辺は是非お店で聴き比べてください。」と言う事でしたが面倒なのでAmazonで黒をポチ。

今度梅淀あたりで銀の音を聞いてみようと思います。

特筆すべきはなんと自尊心の塊であるあのソニー様が他社開発のaptx HDを搭載し、ハイレゾファイル形式にMQAをサポートしたことです。
ソニーも丸くなりましたね(^^;
MQAの音源はDP-X1で幾つか買っていたので助かります。

しかしUSBの口だけは頑固ですね。相変わらず全く汎用性がないフザケタ仕様です。
まぁこれも恐らく丸くなったソニー様ですから次はType Cに変わると思いますけど。

ちなみに左の穴はストラップ用ですけど、これ要らんでしょう。イマドキのスマホにも付いてないのに。


c0005245_15332662.jpg

さて肝心の音です。
まずはHA-FX1100のアンバランスで聞いてみると、思わずニンマリ。
当たり前ですけどスマホなんかとは異次元の音が伝わってきます。

DP-X1はナチュラルな音でノイズが少なく空気感を感じられる音でこれまで最高と思ってましたが、ZX300は更にノイズが無く音に引き込まれる印象です。
これは凄い。

次にバランスで試してみる事に。
DP-X1とFiio X5 3rdは2.5mm 4極のプラグで、この仕様はAKも使っていてDAP界では主流なのですが、ZX300は4.4mm 5極とへんこな仕様で、ソニー様お得意の独自路線(-_-;)

本来なら高価な専用コードを買うべきでしょうけど、ZX300は主にwirelessで使用なのでここは変換プラグで。
しかし変換プラグと言っても1万円くらいするものがありバカにできませんが、1,000円のを入手です。


c0005245_20553672.jpg

バランスで聴くと特に低音の分離がよくなり下が締まり、結果全体も締まりますね。
やはり最高音質で聴く場合はバランス接続です。高価なコードを色々試してより自分好みの音を追求する。これぞマニアの醍醐味か(^^;

もっともバランスで聴くならDP-X1を使い続ける選択で、ZX300購入の目的はwireless接続です。
搭載された高品質コーデックはソニーが開発したLDACと、スマホのCPU「Snapdragon」でおなじみのQualcomm社が開発したaptx HD。
しかしaptx HDがウォークマンに搭載されるなんて誰しも想像してなかったでしょう。

まずワイヤードとワイヤレスの違いを試してみる事に。
RP-HD600Nはワイヤード接続ができるのでRP-HD10に付属のオーディオケーブルで接続。勿論アンバランス接続です。

初めてHD600Nをワイヤードで聴きましたが、あれ?・・・なんだかマイルドな感じ。
体調が悪いのか?
音は体調に左右されますからね。朝と夜でも違うし、疲れた時や特に酔った時は顕著に違う音で聞こえます。

次にwireless(LDAC)で接続して聴くとメリハリのある好きな音になり安心しました。
しかしホントぶっ高いコードをとっかえひっかえしてア~でもないコ~でもないと言う時代は終わりましたね。


c0005245_08091325.jpg


コーデックの仕様です。
aptX HD 24bit/48kHz 576kbps
aptX   16bit/48kHz 384kbps
LDAC   24bit/96kHz 990kbps

数値上ではaptX HDよりLDACの方が高音質ですが、 実際聴き比べをした結果その違いはわかりませんでした(^^;
しかしaptXとの違いは明らかに分かりますね。

LDACはハードウエアに負荷がかかる為か時折途切れてしまうことがあるようで、その点aptX HDの方が安定しているような感じです。
しかしまだ使い始めたところなので、色々なシチュエーションで使って試していこうと思います。


c0005245_08091742.jpg

最初は裸で持ち歩こうと思っていたのですが割と雑に扱うので間違いなくマットの液晶やサイドのアルミに傷が付くと思いケースを仕入れました。
ケースで大きくなるのは嫌なので純正などの革製品はパス。
かと言って透明のクリアケースなど安っぽくなるのも嫌でいろいろ検討した結果、武蔵野レーベルのフルアーマケース(ブルー)をチョイス。

5面フルカバーで液晶面は保護ガラスが付き5,400円。ジャストフィットでボタンの操作性もよく手触りも良くて気に入りました。


c0005245_08240500.jpg


今回は色々と悩みまくり、一時は悪魔に魂を売って韓国のAK導入も考えたりしたのですがZX300で正解でした。
Android機ならやらなくても良いSpotifyの音源ゲットや転送など面倒くさいこともありますけど、結果的には買って良かった一品です。
まぁスマホで十分と言う一般人から見たらこんなのに6万、いやアプリとケースいれて7万か・・も出すのはアホの極みかも知れませんけど(笑)

でも一度聞いてみてください。スマホには戻れなくなると思います。

Spotifyは面倒ですけど、いつの間にかSpotifyから消えてしまうアーティストもあるのでflacで落としてしまえばコッチのもの。
自分が消さなければ永久に聴き続けることができるメリットもありますね。

まぁ今後魅力的な新製品は出てくるとは思いますけど、これで末永く楽しんでいこうと思います。




by webtyuu | 2018-10-08 09:06 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 02日
aptX HD
aptX HD対応トランスミッターを仕入れました。
数種類ある中で少し大きめですが一番電池が長持ち(連続26時間)のWSKY BT-B19と言うやつをチョイス。


c0005245_13194986.jpg

早速DP-X1に接続しRP-HD600Nとペアリングして聴いてみましたがこれは最高ですね。
DP-X1標準搭載のaptXとは大違いで、これはもうワイヤードと遜色ありません。いや、下手なコードを使うより良いかも。

高価なコードをとっかえひっかえ、ア~でもないコーでもないと言う時代は終わりました(笑)
Xperia X performance+RP-HD600のLDACも大したものですけど、LDACは高ビットレートのためか徒歩中に時々プツっと切れることがあるのですがaptX HDは今の所大丈夫ですね。素晴らしい。

明日、明後日は福岡出張なので新幹線でRP-HD600Nのノイキャンの実力も試してみます。
心配なのが台風21号。帰りの頃に近畿直撃コースですが、新幹線が止まらぬ事を祈るのみ †o(・・;) アーメン


c0005245_13454452.jpg

↑下記の付属品が付いて4399円です。どうせ中華だと思いますが、中々のコスパですね。
3.5mmオーディオケーブル
3.5mmメス・RCAオスケーブ
光デジタルケーブル
USB充電ケーブル
日本語取扱説明書

ただ3.5mmの差込口の接触が悪く少し動くとジャリジャリ言うので、接点復活材を塗って直りました。
まあ中華だからこのくらい仕方ないか(^^;


c0005245_14231321.jpg

総裁選ですね。予想通り野田聖子は推薦人が集まらず安倍さんと石破の一騎打ち。
しかし野田聖子は自分に人望が無い事に気づいてないのかな?アホなの?
総裁選とか言う前に早く携帯料金下げろと。

菅さんに横やりを入れられ悔しがってるみたいだけど、まずはそこからやと。
携帯料金を4割下げてテレビ局の電波免許をオークション制にできたら認めてやろうじゃないの。
何一つ実績もないくせに総理総裁とは勘違いも甚だしくアホの極み。

で自民の議員連中は勝ち馬に乗れとばかりに安倍さん圧勝の勢いですけど、分からないのが地方票ですか。

しかしなんで石破の人気があるのかよくわからん。
何を聞いても結局何を言ってるのか分からないですからね。
二言目には「ですから~」とか言うけど、お前フニャフニャ言うだけで何も言ってないじゃないか(失笑)

こいつは適当な事をもっともらしく言う天才だと思いますけど、それに騙されちゃってるのかな?
しかし実行力はゼロ。
地方創成大臣の時何かやった? 
逆に獣医師会から金貰って石破4条件とか創って地方を潰そうとした張本人ですね。

まぁ面白いからいいけど(^^;




by webtyuu | 2018-09-02 06:34 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日
wirelessレシーバー
BluetoothのヘッドホンはBOSE QC35とSONY MUC-M2BT1を使っていて両機共に満足していますが、悪い病気が出て(^^;Panasonic RP-HD600Nを追加しました。

これコーデックにaptX HDと、なんとソニーのLDACもが搭載され、驚き桃ノ木山椒の木って奴です。
ちなみにQC35は非公開ですがAACでMUC-M2BT1は当然ながらLDACです。

高音質なコーデックとしてAndroid8からaptX HDとLDACが標準搭載されましたが、これは開発したQualcommとソニーが「自由に使ってね」と言う事にしたためですけど、それはあくまでトランスミッターだけの話。
メーカーとしてはパイを広げ自社コーデック搭載機を増やしたい戦略です。
なのでレシーバー側は使用料を払う必要があります。

殆どのメーカーはaptX HDのみをチョイスしている所を見ると、ソニーの使用料はバカ高なんでしょうね(^^;
しかしRP-HD600NはLDACまで搭載してきたので興味津々な訳です。


色はブラック、マルーンブラウン、オリーブグリーンの3色展開ですが、グリーンのみがフレーム色を変えツートンになっています
c0005245_16212250.jpg

早速聞き比べ。

左 :Aquos sense plus SH-M07+RP-HD600
    LDACにはならずaptX HDで接続。 MUC-M2BT1でもLDACにならずaptXにしかなりません。
中央:Xperia X performance+QC35
    AACですね。
右 :Xperia X performance+RP-HD600
    LDACです。

c0005245_17200911.jpg

しかしコーデックによる音の違いはよくわからん(笑)
同じ機種で手動でコーデックを変えることができないので(何処かのレビューでやってた人がいたけど)、コーデックの差の前にDAPの実力の差が出ます。

要するにaptX HDとLDACが使えるAndroid8搭載とは言え、元々の音を超える訳はないのでSH-M07は玉砕(^^;
Xperia Xは高いだけあってアンプも高価なパーツを使っていると思われ、スマホの割には良い音を出します。
DP-X1のwirelessはタコだしFiio X5 3rd generationも同様ですがaptXしか搭載してないのでwirelessで聴くならXperia Xが快適と言う結果。

まぁ分かってましたけど(笑)


c0005245_06502412.jpg

使い勝手は圧倒的にBOSEの圧勝。これは情けないそパナ。
QC35は電源を入れた際に「電池の残量は*%です。Xperia X performanceに繋がりました」と電池残用と繋がったデバイス名を音声で伝えますが、HD600は「繋がりました」のみ。

これはSONY MUC-M2BT1も同様ですが、日本製で負けてはならない所をアメ公に負けてるとは(-_-;)
しかも後出しジャンケンで。パナは市場調査してないのかな?アホなの?

装着感もBOSE QC35に軍配が上がりますね。
HD600は少し締まりがキツイ。
もっともBOSEは2年も使い込んでいるので締まりが緩くなって丁度良いのですけど(笑)

音質はQC35が素直な音質でスッキリ聴きやすく、HD600は低音から高音までバランスよく出ていて聴いて楽しい音作りですか。
特に低音の出方が違いベースの音がよく聞こえるし、中音域も素晴らしく女性ボーカルのリアルさはHD600。

井筒香奈江のWhisperVoiceを聴くと彼女の息遣いがリアルに伝わってきます。

ノイズキャンセリングはHD600ですね。
効きとしてはQC35も凄まじいものがありますが曲間などの無音時にホワイトノイズが気になることがあります。
しかしHD600は最強にしてもその様な事は無く自然。また効きをA,B,Cの3段階で選べるし、特筆すべきはボイススルー機能です。

これは右側を軽く触れるとのイキャンのキャンセルと音量が絞られ外の音が聞こえるという優れモノ。
電車の車内放送を聞きたい時とか、先日は緊急災害速報が鳴り響いてもよくわからなかったりした事があるのでこれは凄く便利です。

c0005245_06503044.jpg

こいつの本領を発揮するにはLDAPかaptX HDを搭載するDAPを新調するする必要がありますけど、ウォークマンは現在ろくな奴しか無いしそもそもそんな余裕もないので、4~5千円のaptX HD搭載トランスミッターを仕入れてDP-X1に付けて使おうかなと。

まぁ暑い時期のヘッドホンは暑いので(^^;現在はもっぱらMUC-M2BT1ですが、少し涼しくなって通勤で使うようになった時にトライしてみようと思います。




by webtyuu | 2018-08-26 07:42 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 31日
音楽ストリーミングサービス
Fiio X5 3rd generationでSpotifyを使っていると時々認証が切れ、DLしている楽曲が全て消えてDLし直しと言うのが発生するのでサービスを見直し。
GooglePlayMusicとApple MusicはX5 3rdのSDを認識しないので、Amazon Music Unlimitedが割と使えたので使っている状況でした。

しかし時々同期が崩れてぐしゃぐしゃになり、一旦アンインスト、再インスト、再DLが必要になる現象が発生します。
X5 3rdがアホなんでしょう。まぁ中華だから(-_-;)

でAmazon Music Unlimitedもそろそろ飽きてきた、と言うか尼は圧倒的に洋楽にヨワヨワなのでSpotifyに戻りました。
尼は邦楽には強く最近漁って見つけ気に入った『Aimer(エメ)』とかの発見もありますけど、海外ポップ、ロックのニューリリースがほぼ皆無。

↓スモーキーで甘い歌声が何故かハマる(^^;





久しぶりにSpotifyに行ってみると当然ながら洋楽が豊富で新曲、新アルバムがてんこ盛りです。
邦楽もまぁまぁでAimerもあるしやっぱりコッチだなと。

大手4社(Amazon Music Unlimited、Apple Music、Google Play Music、Spotify)を使い込んでみましたが、やはり一番いいのはSpotifyだなぁと改めて思います。
音質、アプリの使い勝手、網羅するアーティストなどが他の一歩先を進んでいます。

↓こんなのもありました。
オッサンかオバチャンかよく分からなくなりましたが(^^;、ご存知エルトン・ジョンの名曲Your Songをガガ様がカバー。
こりゃイイ!

c0005245_08225369.jpg


DAPは現在3台使い分けてます。
・DP-X1 一番使いやすく音も一番だけど、Wi-Fiがとんでもなくダメでワイヤレスは使えない。
     ガタイが大きいので夏場は入れるポケットが無くワイヤレスが必要なのに。
・X5 3rd Wi-Fiは問題なくワイヤードもソコソコ。しかしCPUがプアで操作性最悪。イライラします。
      時々Amazon Music Unlimitedの同期が崩れ、一旦アンインスト再インスト、再DLが必要。
ホッカイロ並に熱くなるので夏は使えない。
・Xperia X Performance ワイヤレスは最高でストリーミングサービスを聞くならこれが一番。
             しかしハイレゾ音源は数歩劣る。

1台に集約したい。。




by webtyuu | 2018-03-31 08:03 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 12日
仮バンド
やはり天才と言うのは短命なのでしょうか。
藤岡幹大さんの死は未だ信じられません。
世界中から追悼のメッセージが来ているようですが、世界に通用する日本の才能が36の若さで突然天に召されてしまい本当に残念至極。

世界中を飛び回っているBABYMETALのサポートや音楽学校の講師(コッチが元々の本職)などで常日頃多忙な時間を割いて、神バンドの面々であるBOHさん(ベース)、前田さん(ドラム)とセッションする時のバンド名が仮バンドです。

超絶なスキル、テクニックの持ち主たちが本当に楽しそうにセッションしているのを見ていると、こちらも楽しくなりますね。
正に本当の『音楽』です。





下は神バンドのセッション。
左が藤岡さん、中央がBOHさん、右が大村さん、奥が青山さんで、ベビメタサポートをする中で一番好きなユニットです。
凄腕ミュージシャンたちが楽しそうに演奏しています。

この演奏がもう聴けないと思うと涙がこぼれます。

世の中凄腕ギタリストは沢山おられます。
神バンドの大村さんもそうですが、和楽器バンドの町屋さん、浜田麻里さんのサポートをしている増崎孝司さんとかラウドネスの高崎晃さんなどなど人材豊富です。
X Japanの面々は個人的にはイマイチかと思いますけど(^^;

しかし藤岡幹大さんのギターって超絶テクだけではなく何か少し違った雰囲気を醸し出していて好きなミュージシャンでした。
BOHさんのベースも独特で良い味を持っていて、この二人の演奏は聴いていて兎に角気持ちが良い。






仮バンドのアルバムはAmazon Music UnlimitedやAppple Musicで配信されていて聴いてましたが、この際購入。
残念ながらハイレゾ音源の配信はなくMP3ですがストリーミング音源よりも高音質です。

暫く仮バンドの音楽に浸ります。

c0005245_21450080.jpg

藤岡幹大さんのご冥福を心よりお祈りします。




by webtyuu | 2018-01-12 22:51 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 10日
訃報
新年早々信じられない訃報です。
BABYMETALのサポートギタリスト 藤岡幹大さんが36才の若さで亡くなられたとの事。

160センチない小柄な体で文字通り神がかり的なテクニックの持ち主で、ベビメタでは大村さんの「大神」に対して「小神」と称され世界を魅了し、何時も楽しそうに演奏している姿は大好きでしたが、本当にショックです。

c0005245_06025394.jpg


12月30日に天体観測中に高所から落ちてしまい療養中、5日夜に急変し奥さんとお子さん二人が見守る中で旅立ったとの事。
言葉がありません。。。

c0005245_06090302.jpg

天国でギターの神様となって安らかに過ごしてください。
心よりご冥福をお祈りします。

もう彼のテクを見れない、聴けないのか。。本当にショック。。。。。




by webtyuu | 2018-01-10 06:12 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 08日
グラミー賞(2018)
グラミー賞のノミネートが発表されましたが、なんだか今年はイマイチですね。
去年は結果的に賞を総なめしたアデル「Hello」は良かったし、対抗のビヨンセも良かったので面白かったのですが、今年は心に刺さらない音楽ばかりです。

黒人のヒップポップは趣味ではないし、ジャスティン・ビーバーとか勘弁してくれ(^^;






今年はP!nkの「What About Us」がいいかなと思ってましたが残念ながら主要4部門でノミネートされず、「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」へのノミネートでした。





ガガ様の「Million Reasons」も何時ものガガ節ではなく落ち着いた楽曲で好きですが、「最優秀ポップ・アルバム賞」へのノミネートで残念。






と言う事で1月28日(日本時間29日)発表になりますが、興味のない発表になってしまいました。
それより1月26、27日はデイトナ24時間レースです。

なんとアホなホンダヲタ共が目の敵にしている(^^; フェルナンド・アロンソの参戦が決定。
マシンはデイトナでは勝ち目はないけどル・マン仕様のLMP2シャシー(仏リジェ)で楽しみです。
去年はインディー500初挑戦で、クソホンダエンジンが壊れるまで良いところを走ってたのでデイトナもやってくれるでしょう。

c0005245_13080371.jpg

デイトナ仕様(DPi)で参戦するのは王者キャデラック、日産、そして我らがマツダ(^^;
しかしキャデラックは6.3L V8自然吸気、日産はGTRの3.8L V6ツインターボに対して2L 直4シングルターボで勝ち目は最初からゼロです(笑)
最高出力も届かないだろうし低速トルクがキャデラック、日産とは雲泥の差でしょうから、コーナー毎に離され直線で離され、この車で出る意味がわからんのですけどなんでかな?

ただ去年も頑張って走っていたところ、米国人にも判官贔屓があるらしく小排気量車が健気に走る姿で結構応援されていたようです(笑)
最後は燃えちゃいましたが今年は最後まで走って欲しいですね。

ガンバレマツダ!




by webtyuu | 2018-01-08 12:39 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 23日
Fiio x5 3rd generation その4
Amazon Music Unlimitedで1週間試しましたが今の所Spotifyで悩んだ認証切れはありません。
一応SDは認識するのでFiio x5 3rdでストリーミングサービスを楽しむ場合は大手4社の中ではAmazon一択です。
AWAやLINE Musicなどは知りませんけど。

ネックだった音質も慣れましたし、月780円と他より安いので当分Amazon Music Unlimitedを使おうかと思います。
ただアプリの作りはやはりSpotifyですね。一番厄介なのはネットワークに繋げてないとプレイリストの編集ができない事。

「これ飽きたから削除」ってのが外ではできません。まぁデザリングでスマホに繋げたら可能ですけど。
痒いところに手が届くのがSpotifyなのですがAmazon Music はその辺イマイチです。

聴きたいアーティストはほぼ網羅されているし、他では消されたヒルクライムがまだ聴けます。サスガはAmazon(^^;
もっとも好きな楽曲だった「パラレル・ワールド」などは消され、唯一「春夏秋冬」だけが残ってる状態ですけど。

♪今年~の冬は何処に行こうか~♪ →ムショって(^^;

まぁASKAと違って大麻だから個人的には大した罪には思いませんけど、早くカムバックして欲しいですね。

c0005245_08385319.jpg

忘年会でこの写真を女子たちに見せると大受け。
「これぬいぐるみ?」「カワイー♪」って。「ウチの3男やで」と(笑)
トイプーはやはりこのフツーのカットが良いですね。

しかし今週は大変でした。
月、水、金と普通は6時前まで寝ているakiが4時に起きてきて起こされ、木はRuiが3時頃ゲロゲロ言い始めて慌ててベッドから降ろすと(Ruiは自分で降りられない)部屋の隅でゲロんちょ。
Ruiは時々コレをやります。

平穏に寝られたのは火曜だけで寝不足の週でした(;。;)

c0005245_08470214.jpg


かみさんがスマホデビューです。
SoftBankのガラケーで以前からスマホを使いたいと言っていたのですけど、MVNOも通話が安くなりましたし満を持して変更です。

業者は自分が使っているmineoや楽天などを考えましたが最終的に老舗中の老舗iijにしてみました。三木谷嫌いだし(^^;
iijはインターネット創世記からネットの普及に貢献してきた会社ですね。
BEKKOAMEとかみんな潰れましたけど唯一残っている老舗です。

しかし契約時に一悶着。
WEB申請で色々記入して最後に免許証の画像を送付するのですが、何度やっても「内容が違います」と受付拒否のメールが来るのです。
しかしどう見ても間違いは無いので電話をしてみると、WEBに記入した住所は「○ヶ丘」。日本人なら普通にヶを小さくするしIMEもそうします。
ところが免許は「○ケ丘」になっている(ヶが大きい)ので跳ねられたとの事。

思わず「バカか!!(怒)」とおばちゃんを怒鳴りつけてしまいましたが、おばちゃんを怒っても仕方ありません(^^;
今流行のAIが見ているのだと思いますけど『こんな血が通ってないシステムを作るな!とシステムの人間に言っておいてね』と言って電話を切りましたが、なんだか腹が立ちますね。。




by webtyuu | 2017-12-23 08:35 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 16日
Fiio x5 3rd generation その3
使い易くて気に入っていたSpotifyから撤退です。
Fiio X5 3rdで使うと時々アカウントを解除され再認証を求められる事が屡々起こり参ります。

再認証も面倒ですがそうなるとDLしてある曲が全て消えてしまい再DLが必要になりアホかと。
他の機器ではこんな事は無いので、これはSpotifyのせいでは無いと思いますが付き合いきれません。

でSpotifyを解約してGooglePlayMusicに戻りました。

ところがまたもや中華品質の洗礼を受けてしまう事に。
にゃんとGPMがFiio X5 3rdの外部ストレージ(SD)を認識しないのです。
GPMの曲は内部ストレージの約20GBにしか入れる事ができず容量不足に陥ります。

↓右のスマホには出ている保存先「外部」が左のFiio X5 3rdには出ません。
c0005245_15041126.jpg


はぁ?と思ってググっても出てこないので2chで聞いてみると、上位機種のX7も同じ症状でFiioのフォーラムに上がっていて調査中との事。
サスガは中華。手こずります(涙)
でGooglePlayMusicは諦め解約。

他は実質Appple MusicかAmazon Music UnlimitedしかありませんがApppleは使いづらくて好きじゃないのでAmazonを試してみる事に。
コイツはなんとかSDを認識してますが(左側)、しかし認識の仕方が変ですね。
端末と表示されている方は実はSDで、SDと表示されてる空き容量0の所はなんでしょ? 本体は10GBほど空きはありますので。

右はSpotifyですが全てSDと認識される形で、ホント中華はこう言うところで手を抜いていますね。。

c0005245_15111238.jpg

暫く使って認証は切れ無さそうですが、しかしAmazon Music Unlimitedはドーも音質が好みではありません。
最後にあまり使いたくないAppple Musicを試して見ると取りあえずSDは認識。しかし2枚刺ししてるのに1枚だけ(^^;
音質は一応イケるので渋々Appple Musicに戻る事にしました。 ←結局ApppleもSDと表示しているのは内部メモリーでした(怒)

X5 3rdで使用する場合は以下のようになるのでAmazon Music Unlimitedしか選択肢がありません(涙)

・Spotify      → 認証が時々切れてDLしていた楽曲は全て消え再DLが必要。SDは2枚とも認識される。
・Google Play Music → 外部SDを認識しない
・Appple Music    → 外部SDを認識しない
・Amazon Music Unlimited →SDは1枚目が「端末」と認識されるが2枚目は認識されない。今の所認証切れは無い。


所でAmazonの音質はなんでだろう?と思って波形を見てみる事に。
Fiio X5 3rdのOUTをサウンドボードに入れスペクトラムアナライザーで波形を見てみると、やはり以前から思っていたAmazon Musicのスカスカ感が分かりました。
Google Play MusicもAmazonと同じ感じの波形でしたけど(^^;


Spotifyの標準音質(無料版)
『曲のピアニッシモ部分』。17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15175472.jpg


Spotifyの標準音質(無料版)
『曲のフォルテシモ部分』。同じく17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15175848.jpg
Spotifyの無料版は音を削っている事がわかりますね。



Spotifyの最高音質(会員のみ)。『曲のピアニッシモ部分』
c0005245_15243584.jpg

Spotifyの最高音質(会員のみ)。『曲のフォルテシモ部分』
c0005245_15243976.jpg
有料会員には音を削る事はしていません。



GooglePlayMusic。『曲のピアニッシモ部分』
音が小さい時は17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15272845.jpg

GooglePlayMusic。『曲のフォルテシモ部分』
音圧が上がると高域を出すチューニングです。
c0005245_15273188.jpg



Amazon Music Unlimited。『曲のピアニッシモ部分』
GooglePlayMusicと同じく音が小さい時は17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15294345.jpg


Amazon Music Unlimited。『曲のフォルテシモ部分』
GooglePlayMusicと同じで音圧が上がると高域を出すチューニングです。
c0005245_15294521.jpg


Appple Music。『曲のピアニッシモ部分』。Spotifyの会員用と同じく綺麗な波形。
c0005245_15332109.jpg


Appple Music。『曲のフォルテシモ部分』。Spotifyの会員用と同じく綺麗な波形。
c0005245_15332453.jpg

曲はアデルの「Hello」



Amazon Music UnlimitedとGoogle Play Musicは音が小さな部分では高音域をカットし、少しでもトラフィックを削減する仕組みを入れているようですね。
音圧が上がると高音域も出すチューニングは見事です。
ただこのチューニングがGoogle Play Musicの方が巧いのか、自分の耳ではAmazon Music Unlimitedは若干の違和感を感じます。

片やSpotify(有料会員)とAppple Musicはその様なインチキ(^^;はしておらず素直に出しているようです。
DAPでストリーミングサービスを聴く時は普通『ながら』で聴くものなのでこの程度の事は実質問題ありませんが、気分良く聴けるのはSpotify(有料)とAppple Musicですか。。

まぁ他のサービスに比べてAmazon Music Unlimitedは月200円安いですから、貧乏人にとっては天の声なのかも知れません(笑)




by webtyuu | 2017-12-16 18:23 | オーディオ | Trackback | Comments(0)