カテゴリ:オーディオ( 102 )

2018年 09月 02日
aptX HD
aptX HD対応トランスミッターを仕入れました。
数種類ある中で少し大きめですが一番電池が長持ち(連続26時間)のWSKY BT-B19と言うやつをチョイス。


c0005245_13194986.jpg

早速DP-X1に接続しRP-HD600Nとペアリングして聴いてみましたがこれは最高ですね。
DP-X1標準搭載のaptXとは大違いで、これはもうワイヤードと遜色ありません。いや、下手なコードを使うより良いかも。

高価なコードをとっかえひっかえ、ア~でもないコーでもないと言う時代は終わりました(笑)
Xperia X performance+RP-HD600のLDACも大したものですけど、LDACは高ビットレートのためか徒歩中に時々プツっと切れることがあるのですがaptX HDは今の所大丈夫ですね。素晴らしい。

明日、明後日は福岡出張なので新幹線でRP-HD600Nのノイキャンの実力も試してみます。
心配なのが台風21号。帰りの頃に近畿直撃コースですが、新幹線が止まらぬ事を祈るのみ †o(・・;) アーメン


c0005245_13454452.jpg

↑下記の付属品が付いて4399円です。どうせ中華だと思いますが、中々のコスパですね。
3.5mmオーディオケーブル
3.5mmメス・RCAオスケーブ
光デジタルケーブル
USB充電ケーブル
日本語取扱説明書

ただ3.5mmの差込口の接触が悪く少し動くとジャリジャリ言うので、接点復活材を塗って直りました。
まあ中華だからこのくらい仕方ないか(^^;


c0005245_14231321.jpg

総裁選ですね。予想通り野田聖子は推薦人が集まらず安倍さんと石破の一騎打ち。
しかし野田聖子は自分に人望が無い事に気づいてないのかな?アホなの?
総裁選とか言う前に早く携帯料金下げろと。

菅さんに横やりを入れられ悔しがってるみたいだけど、まずはそこからやと。
携帯料金を4割下げてテレビ局の電波免許をオークション制にできたら認めてやろうじゃないの。
何一つ実績もないくせに総理総裁とは勘違いも甚だしくアホの極み。

で自民の議員連中は勝ち馬に乗れとばかりに安倍さん圧勝の勢いですけど、分からないのが地方票ですか。

しかしなんで石破の人気があるのかよくわからん。
何を聞いても結局何を言ってるのか分からないですからね。
二言目には「ですから~」とか言うけど、お前フニャフニャ言うだけで何も言ってないじゃないか(失笑)

こいつは適当な事をもっともらしく言う天才だと思いますけど、それに騙されちゃってるのかな?
しかし実行力はゼロ。
地方創成大臣の時何かやった? 
逆に獣医師会から金貰って石破4条件とか創って地方を潰そうとした張本人ですね。

まぁ面白いからいいけど(^^;




by webtyuu | 2018-09-02 06:34 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日
wirelessレシーバー
BluetoothのヘッドホンはBOSE QC35とSONY MUC-M2BT1を使っていて両機共に満足していますが、悪い病気が出て(^^;Panasonic RP-HD600Nを追加しました。

これコーデックにaptX HDと、なんとソニーのLDACもが搭載され、驚き桃ノ木山椒の木って奴です。
ちなみにQC35は非公開ですがAACでMUC-M2BT1は当然ながらLDACです。

高音質なコーデックとしてAndroid8からaptX HDとLDACが標準搭載されましたが、これは開発したQualcommとソニーが「自由に使ってね」と言う事にしたためですけど、それはあくまでトランスミッターだけの話。
メーカーとしてはパイを広げ自社コーデック搭載機を増やしたい戦略です。
なのでレシーバー側は使用料を払う必要があります。

殆どのメーカーはaptX HDのみをチョイスしている所を見ると、ソニーの使用料はバカ高なんでしょうね(^^;
しかしRP-HD600NはLDACまで搭載してきたので興味津々な訳です。


色はブラック、マルーンブラウン、オリーブグリーンの3色展開ですが、グリーンのみがフレーム色を変えツートンになっています
c0005245_16212250.jpg

早速聞き比べ。

左 :Aquos sense plus SH-M07+RP-HD600
    LDACにはならずaptX HDで接続。 MUC-M2BT1でもLDACにならずaptXにしかなりません。
中央:Xperia X performance+QC35
    AACですね。
右 :Xperia X performance+RP-HD600
    LDACです。

c0005245_17200911.jpg

しかしコーデックによる音の違いはよくわからん(笑)
同じ機種で手動でコーデックを変えることができないので(何処かのレビューでやってた人がいたけど)、コーデックの差の前にDAPの実力の差が出ます。

要するにaptX HDとLDACが使えるAndroid8搭載とは言え、元々の音を超える訳はないのでSH-M07は玉砕(^^;
Xperia Xは高いだけあってアンプも高価なパーツを使っていると思われ、スマホの割には良い音を出します。
DP-X1のwirelessはタコだしFiio X5 3rd generationも同様ですがaptXしか搭載してないのでwirelessで聴くならXperia Xが快適と言う結果。

まぁ分かってましたけど(笑)


c0005245_06502412.jpg

使い勝手は圧倒的にBOSEの圧勝。これは情けないそパナ。
QC35は電源を入れた際に「電池の残量は*%です。Xperia X performanceに繋がりました」と電池残用と繋がったデバイス名を音声で伝えますが、HD600は「繋がりました」のみ。

これはSONY MUC-M2BT1も同様ですが、日本製で負けてはならない所をアメ公に負けてるとは(-_-;)
しかも後出しジャンケンで。パナは市場調査してないのかな?アホなの?

装着感もBOSE QC35に軍配が上がりますね。
HD600は少し締まりがキツイ。
もっともBOSEは2年も使い込んでいるので締まりが緩くなって丁度良いのですけど(笑)

音質はQC35が素直な音質でスッキリ聴きやすく、HD600は低音から高音までバランスよく出ていて聴いて楽しい音作りですか。
特に低音の出方が違いベースの音がよく聞こえるし、中音域も素晴らしく女性ボーカルのリアルさはHD600。

井筒香奈江のWhisperVoiceを聴くと彼女の息遣いがリアルに伝わってきます。

ノイズキャンセリングはHD600ですね。
効きとしてはQC35も凄まじいものがありますが曲間などの無音時にホワイトノイズが気になることがあります。
しかしHD600は最強にしてもその様な事は無く自然。また効きをA,B,Cの3段階で選べるし、特筆すべきはボイススルー機能です。

これは右側を軽く触れるとのイキャンのキャンセルと音量が絞られ外の音が聞こえるという優れモノ。
電車の車内放送を聞きたい時とか、先日は緊急災害速報が鳴り響いてもよくわからなかったりした事があるのでこれは凄く便利です。

c0005245_06503044.jpg

こいつの本領を発揮するにはLDAPかaptX HDを搭載するDAPを新調するする必要がありますけど、ウォークマンは現在ろくな奴しか無いしそもそもそんな余裕もないので、4~5千円のaptX HD搭載トランスミッターを仕入れてDP-X1に付けて使おうかなと。

まぁ暑い時期のヘッドホンは暑いので(^^;現在はもっぱらMUC-M2BT1ですが、少し涼しくなって通勤で使うようになった時にトライしてみようと思います。




by webtyuu | 2018-08-26 07:42 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 31日
音楽ストリーミングサービス
Fiio X5 3rd generationでSpotifyを使っていると時々認証が切れ、DLしている楽曲が全て消えてDLし直しと言うのが発生するのでサービスを見直し。
GooglePlayMusicとApple MusicはX5 3rdのSDを認識しないので、Amazon Music Unlimitedが割と使えたので使っている状況でした。

しかし時々同期が崩れてぐしゃぐしゃになり、一旦アンインスト、再インスト、再DLが必要になる現象が発生します。
X5 3rdがアホなんでしょう。まぁ中華だから(-_-;)

でAmazon Music Unlimitedもそろそろ飽きてきた、と言うか尼は圧倒的に洋楽にヨワヨワなのでSpotifyに戻りました。
尼は邦楽には強く最近漁って見つけ気に入った『Aimer(エメ)』とかの発見もありますけど、海外ポップ、ロックのニューリリースがほぼ皆無。

↓スモーキーで甘い歌声が何故かハマる(^^;





久しぶりにSpotifyに行ってみると当然ながら洋楽が豊富で新曲、新アルバムがてんこ盛りです。
邦楽もまぁまぁでAimerもあるしやっぱりコッチだなと。

大手4社(Amazon Music Unlimited、Apple Music、Google Play Music、Spotify)を使い込んでみましたが、やはり一番いいのはSpotifyだなぁと改めて思います。
音質、アプリの使い勝手、網羅するアーティストなどが他の一歩先を進んでいます。

↓こんなのもありました。
オッサンかオバチャンかよく分からなくなりましたが(^^;、ご存知エルトン・ジョンの名曲Your Songをガガ様がカバー。
こりゃイイ!

c0005245_08225369.jpg


DAPは現在3台使い分けてます。
・DP-X1 一番使いやすく音も一番だけど、Wi-Fiがとんでもなくダメでワイヤレスは使えない。
     ガタイが大きいので夏場は入れるポケットが無くワイヤレスが必要なのに。
・X5 3rd Wi-Fiは問題なくワイヤードもソコソコ。しかしCPUがプアで操作性最悪。イライラします。
      時々Amazon Music Unlimitedの同期が崩れ、一旦アンインスト再インスト、再DLが必要。
ホッカイロ並に熱くなるので夏は使えない。
・Xperia X Performance ワイヤレスは最高でストリーミングサービスを聞くならこれが一番。
             しかしハイレゾ音源は数歩劣る。

1台に集約したい。。




by webtyuu | 2018-03-31 08:03 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 12日
仮バンド
やはり天才と言うのは短命なのでしょうか。
藤岡幹大さんの死は未だ信じられません。
世界中から追悼のメッセージが来ているようですが、世界に通用する日本の才能が36の若さで突然天に召されてしまい本当に残念至極。

世界中を飛び回っているBABYMETALのサポートや音楽学校の講師(コッチが元々の本職)などで常日頃多忙な時間を割いて、神バンドの面々であるBOHさん(ベース)、前田さん(ドラム)とセッションする時のバンド名が仮バンドです。

超絶なスキル、テクニックの持ち主たちが本当に楽しそうにセッションしているのを見ていると、こちらも楽しくなりますね。
正に本当の『音楽』です。





下は神バンドのセッション。
左が藤岡さん、中央がBOHさん、右が大村さん、奥が青山さんで、ベビメタサポートをする中で一番好きなユニットです。
凄腕ミュージシャンたちが楽しそうに演奏しています。

この演奏がもう聴けないと思うと涙がこぼれます。

世の中凄腕ギタリストは沢山おられます。
神バンドの大村さんもそうですが、和楽器バンドの町屋さん、浜田麻里さんのサポートをしている増崎孝司さんとかラウドネスの高崎晃さんなどなど人材豊富です。
X Japanの面々は個人的にはイマイチかと思いますけど(^^;

しかし藤岡幹大さんのギターって超絶テクだけではなく何か少し違った雰囲気を醸し出していて好きなミュージシャンでした。
BOHさんのベースも独特で良い味を持っていて、この二人の演奏は聴いていて兎に角気持ちが良い。






仮バンドのアルバムはAmazon Music UnlimitedやAppple Musicで配信されていて聴いてましたが、この際購入。
残念ながらハイレゾ音源の配信はなくMP3ですがストリーミング音源よりも高音質です。

暫く仮バンドの音楽に浸ります。

c0005245_21450080.jpg

藤岡幹大さんのご冥福を心よりお祈りします。




by webtyuu | 2018-01-12 22:51 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 10日
訃報
新年早々信じられない訃報です。
BABYMETALのサポートギタリスト 藤岡幹大さんが36才の若さで亡くなられたとの事。

160センチない小柄な体で文字通り神がかり的なテクニックの持ち主で、ベビメタでは大村さんの「大神」に対して「小神」と称され世界を魅了し、何時も楽しそうに演奏している姿は大好きでしたが、本当にショックです。

c0005245_06025394.jpg


12月30日に天体観測中に高所から落ちてしまい療養中、5日夜に急変し奥さんとお子さん二人が見守る中で旅立ったとの事。
言葉がありません。。。

c0005245_06090302.jpg

天国でギターの神様となって安らかに過ごしてください。
心よりご冥福をお祈りします。

もう彼のテクを見れない、聴けないのか。。本当にショック。。。。。




by webtyuu | 2018-01-10 06:12 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 08日
グラミー賞(2018)
グラミー賞のノミネートが発表されましたが、なんだか今年はイマイチですね。
去年は結果的に賞を総なめしたアデル「Hello」は良かったし、対抗のビヨンセも良かったので面白かったのですが、今年は心に刺さらない音楽ばかりです。

黒人のヒップポップは趣味ではないし、ジャスティン・ビーバーとか勘弁してくれ(^^;






今年はP!nkの「What About Us」がいいかなと思ってましたが残念ながら主要4部門でノミネートされず、「最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞」へのノミネートでした。





ガガ様の「Million Reasons」も何時ものガガ節ではなく落ち着いた楽曲で好きですが、「最優秀ポップ・アルバム賞」へのノミネートで残念。






と言う事で1月28日(日本時間29日)発表になりますが、興味のない発表になってしまいました。
それより1月26、27日はデイトナ24時間レースです。

なんとアホなホンダヲタ共が目の敵にしている(^^; フェルナンド・アロンソの参戦が決定。
マシンはデイトナでは勝ち目はないけどル・マン仕様のLMP2シャシー(仏リジェ)で楽しみです。
去年はインディー500初挑戦で、クソホンダエンジンが壊れるまで良いところを走ってたのでデイトナもやってくれるでしょう。

c0005245_13080371.jpg

デイトナ仕様(DPi)で参戦するのは王者キャデラック、日産、そして我らがマツダ(^^;
しかしキャデラックは6.3L V8自然吸気、日産はGTRの3.8L V6ツインターボに対して2L 直4シングルターボで勝ち目は最初からゼロです(笑)
最高出力も届かないだろうし低速トルクがキャデラック、日産とは雲泥の差でしょうから、コーナー毎に離され直線で離され、この車で出る意味がわからんのですけどなんでかな?

ただ去年も頑張って走っていたところ、米国人にも判官贔屓があるらしく小排気量車が健気に走る姿で結構応援されていたようです(笑)
最後は燃えちゃいましたが今年は最後まで走って欲しいですね。

ガンバレマツダ!




by webtyuu | 2018-01-08 12:39 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 23日
Fiio x5 3rd generation その4
Amazon Music Unlimitedで1週間試しましたが今の所Spotifyで悩んだ認証切れはありません。
一応SDは認識するのでFiio x5 3rdでストリーミングサービスを楽しむ場合は大手4社の中ではAmazon一択です。
AWAやLINE Musicなどは知りませんけど。

ネックだった音質も慣れましたし、月780円と他より安いので当分Amazon Music Unlimitedを使おうかと思います。
ただアプリの作りはやはりSpotifyですね。一番厄介なのはネットワークに繋げてないとプレイリストの編集ができない事。

「これ飽きたから削除」ってのが外ではできません。まぁデザリングでスマホに繋げたら可能ですけど。
痒いところに手が届くのがSpotifyなのですがAmazon Music はその辺イマイチです。

聴きたいアーティストはほぼ網羅されているし、他では消されたヒルクライムがまだ聴けます。サスガはAmazon(^^;
もっとも好きな楽曲だった「パラレル・ワールド」などは消され、唯一「春夏秋冬」だけが残ってる状態ですけど。

♪今年~の冬は何処に行こうか~♪ →ムショって(^^;

まぁASKAと違って大麻だから個人的には大した罪には思いませんけど、早くカムバックして欲しいですね。

c0005245_08385319.jpg

忘年会でこの写真を女子たちに見せると大受け。
「これぬいぐるみ?」「カワイー♪」って。「ウチの3男やで」と(笑)
トイプーはやはりこのフツーのカットが良いですね。

しかし今週は大変でした。
月、水、金と普通は6時前まで寝ているakiが4時に起きてきて起こされ、木はRuiが3時頃ゲロゲロ言い始めて慌ててベッドから降ろすと(Ruiは自分で降りられない)部屋の隅でゲロんちょ。
Ruiは時々コレをやります。

平穏に寝られたのは火曜だけで寝不足の週でした(;。;)

c0005245_08470214.jpg


かみさんがスマホデビューです。
SoftBankのガラケーで以前からスマホを使いたいと言っていたのですけど、MVNOも通話が安くなりましたし満を持して変更です。

業者は自分が使っているmineoや楽天などを考えましたが最終的に老舗中の老舗iijにしてみました。三木谷嫌いだし(^^;
iijはインターネット創世記からネットの普及に貢献してきた会社ですね。
BEKKOAMEとかみんな潰れましたけど唯一残っている老舗です。

しかし契約時に一悶着。
WEB申請で色々記入して最後に免許証の画像を送付するのですが、何度やっても「内容が違います」と受付拒否のメールが来るのです。
しかしどう見ても間違いは無いので電話をしてみると、WEBに記入した住所は「○ヶ丘」。日本人なら普通にヶを小さくするしIMEもそうします。
ところが免許は「○ケ丘」になっている(ヶが大きい)ので跳ねられたとの事。

思わず「バカか!!(怒)」とおばちゃんを怒鳴りつけてしまいましたが、おばちゃんを怒っても仕方ありません(^^;
今流行のAIが見ているのだと思いますけど『こんな血が通ってないシステムを作るな!とシステムの人間に言っておいてね』と言って電話を切りましたが、なんだか腹が立ちますね。。




by webtyuu | 2017-12-23 08:35 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 16日
Fiio x5 3rd generation その3
使い易くて気に入っていたSpotifyから撤退です。
Fiio X5 3rdで使うと時々アカウントを解除され再認証を求められる事が屡々起こり参ります。

再認証も面倒ですがそうなるとDLしてある曲が全て消えてしまい再DLが必要になりアホかと。
他の機器ではこんな事は無いので、これはSpotifyのせいでは無いと思いますが付き合いきれません。

でSpotifyを解約してGooglePlayMusicに戻りました。

ところがまたもや中華品質の洗礼を受けてしまう事に。
にゃんとGPMがFiio X5 3rdの外部ストレージ(SD)を認識しないのです。
GPMの曲は内部ストレージの約20GBにしか入れる事ができず容量不足に陥ります。

↓右のスマホには出ている保存先「外部」が左のFiio X5 3rdには出ません。
c0005245_15041126.jpg


はぁ?と思ってググっても出てこないので2chで聞いてみると、上位機種のX7も同じ症状でFiioのフォーラムに上がっていて調査中との事。
サスガは中華。手こずります(涙)
でGooglePlayMusicは諦め解約。

他は実質Appple MusicかAmazon Music UnlimitedしかありませんがApppleは使いづらくて好きじゃないのでAmazonを試してみる事に。
コイツはなんとかSDを認識してますが(左側)、しかし認識の仕方が変ですね。
端末と表示されている方は実はSDで、SDと表示されてる空き容量0の所はなんでしょ? 本体は10GBほど空きはありますので。

右はSpotifyですが全てSDと認識される形で、ホント中華はこう言うところで手を抜いていますね。。

c0005245_15111238.jpg

暫く使って認証は切れ無さそうですが、しかしAmazon Music Unlimitedはドーも音質が好みではありません。
最後にあまり使いたくないAppple Musicを試して見ると取りあえずSDは認識。しかし2枚刺ししてるのに1枚だけ(^^;
音質は一応イケるので渋々Appple Musicに戻る事にしました。 ←結局ApppleもSDと表示しているのは内部メモリーでした(怒)

X5 3rdで使用する場合は以下のようになるのでAmazon Music Unlimitedしか選択肢がありません(涙)

・Spotify      → 認証が時々切れてDLしていた楽曲は全て消え再DLが必要。SDは2枚とも認識される。
・Google Play Music → 外部SDを認識しない
・Appple Music    → 外部SDを認識しない
・Amazon Music Unlimited →SDは1枚目が「端末」と認識されるが2枚目は認識されない。今の所認証切れは無い。


所でAmazonの音質はなんでだろう?と思って波形を見てみる事に。
Fiio X5 3rdのOUTをサウンドボードに入れスペクトラムアナライザーで波形を見てみると、やはり以前から思っていたAmazon Musicのスカスカ感が分かりました。
Google Play MusicもAmazonと同じ感じの波形でしたけど(^^;


Spotifyの標準音質(無料版)
『曲のピアニッシモ部分』。17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15175472.jpg


Spotifyの標準音質(無料版)
『曲のフォルテシモ部分』。同じく17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15175848.jpg
Spotifyの無料版は音を削っている事がわかりますね。



Spotifyの最高音質(会員のみ)。『曲のピアニッシモ部分』
c0005245_15243584.jpg

Spotifyの最高音質(会員のみ)。『曲のフォルテシモ部分』
c0005245_15243976.jpg
有料会員には音を削る事はしていません。



GooglePlayMusic。『曲のピアニッシモ部分』
音が小さい時は17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15272845.jpg

GooglePlayMusic。『曲のフォルテシモ部分』
音圧が上がると高域を出すチューニングです。
c0005245_15273188.jpg



Amazon Music Unlimited。『曲のピアニッシモ部分』
GooglePlayMusicと同じく音が小さい時は17MHzくらいでスパッと切ってます。
c0005245_15294345.jpg


Amazon Music Unlimited。『曲のフォルテシモ部分』
GooglePlayMusicと同じで音圧が上がると高域を出すチューニングです。
c0005245_15294521.jpg


Appple Music。『曲のピアニッシモ部分』。Spotifyの会員用と同じく綺麗な波形。
c0005245_15332109.jpg


Appple Music。『曲のフォルテシモ部分』。Spotifyの会員用と同じく綺麗な波形。
c0005245_15332453.jpg

曲はアデルの「Hello」



Amazon Music UnlimitedとGoogle Play Musicは音が小さな部分では高音域をカットし、少しでもトラフィックを削減する仕組みを入れているようですね。
音圧が上がると高音域も出すチューニングは見事です。
ただこのチューニングがGoogle Play Musicの方が巧いのか、自分の耳ではAmazon Music Unlimitedは若干の違和感を感じます。

片やSpotify(有料会員)とAppple Musicはその様なインチキ(^^;はしておらず素直に出しているようです。
DAPでストリーミングサービスを聴く時は普通『ながら』で聴くものなのでこの程度の事は実質問題ありませんが、気分良く聴けるのはSpotify(有料)とAppple Musicですか。。

まぁ他のサービスに比べてAmazon Music Unlimitedは月200円安いですから、貧乏人にとっては天の声なのかも知れません(笑)




by webtyuu | 2017-12-16 18:23 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 10日
Fiio x5 3rd generation その2
使い込んでると少々アラが見えてきました。
外装や性能は随分良くなっても、細かい所はやはり中華って感じですね。

待機時の電池の消耗が半端ないです。Wi-FiとBluetoothを切っていても2日に一度、下手すると毎日充電が必要って酷すぎ。
常に電波を補足しているスマホより酷いって舐めてます。
何か変なプロセスが動いているのかと色々ツールを入れて探りましたが特に変なのは動いてないないようですし。

あと考えられるのは待機時にも無意味に光っている電源ボタンのLEDくらいですか。
仕方が無いので『スリープタイマー』でMAXの50分設定を入れ、無操作状態が50分経過すると電源が切れるようにしてマシになりました。


↓中央の青はLED。待機時にも光っています。赤いリングは装飾。
c0005245_08284296.jpg


この機械は『スリープ』と『スリープタイマー』の二つがあってこの表現では何やらよくわかりませんが、所謂スリープではなくシャットダウンです。
『スリープ』が一回だけ利用できる設定で、『スリープタイマー』は設定が保持され、クドいようですがスリープではなく時間経過でシャットダウンされます。
なのでその後の電池消耗はありません。

しかし使う時に一々電源を入れて起動させるので、使えるまで1分少々掛かってムカつきます。


↓onsoのバランスケーブルにPanasonic RP-HDE10がお気に入り
c0005245_08305015.jpg


それと聴いていると本体がホッカホカのホッカイロになりますね。電池温度が40度くらいになります。
Musicアプリ(Fiio Music、Onkyo HF Playerのどちらも)で聴いていると30分ほどでホッカホカ。

CPUやメモリーを観察してもそれ程酷使している感じではないのですけど電源回路で無理してるのかかな?
中華だけに電池系はサムチョンよりはマシだけど少し心配。。

まぁこの時期はポケットに入れておくと気持ち良いのですが、こりゃ夏は使えなさそうです。

しかしこれが国内メーカーだったら「ふざけんな!早く直せ!!」と文句を言うところですけど、しかし中華ですから「所詮はこんなもんだよな、まぁシャーナイわな」と諦めている所がありますね(^^;

中国人が創る製品なんてまだまだまだと言う感じですか。少々安心(笑)
しかしこの辺を割り切れば安くて音質、質感は良くて見てくれも良いので、コイツはこれでOK。


昨日突然Ver1.1.9が降ってきてバージョンアップされました。
あれ?と思って正規代理店のオヤイデを覗いてもまだ1.1.8のままです。
何が変わったのか不明なのでググって見るとFiioのFacebookに英文で出てました。

c0005245_08202731.jpg

翻訳してみるとよく分らないところもありますけど色々と改良されたみたいです。
(5)は電源系ですけど、これは発火発煙などに対処するため満充電にしない対策ですか。
電池の持ちは悪くなり利便性は落ちますが安全の方に重点を置く感じですね。
まぁコレはコレでアリですけどもう少し電源系をナントカして(^^;

----------------
協力は新しいファームウェアfw1. 1.9を, x5第3世代のためにリリースしました.
Fw1. 1.8に比べて, 以下の変更と改良が行われました.

1. (高さの高さを設定して)バランスのとれたターボ機能を追加することができます(高さを設定した後の設定->audio設定で有効にすることができます. バランスの取れたターボが有効にな
2. 現在の再生トラックのアルバムまたはアーティストにジャンプする機能を追加しました(この関数を使用するには, 現在のメニューの"..."アイコンをクリックします).
3. " bluetoothはスリープしない"オプションを追加しました(設定->bluetoothに移動して, 右上の"┇"アイコンをクリックして, [sleep設定]を入力してください).
4. 協力musicアプリの独立したアップグレードを有効にしました(これからは, 協力musicアプリを独立してアップグレードします).
(5.)過大な高熱又は低温のための充電の保護を加えたもの
(6.)いくつかのトラックが正しく再生されないことを修正すること.
(7.)太田ファームウェアアップデートを虚偽である場合がある場合には, その場合には,
8. その他のバグ修正.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


オマケで使えるAmazon Prime Musicで宇多田ヒカルの配信が始まりました。

c0005245_07563105.jpg

Spotifyには来てないので「サスガAmazon」と思ったら、Appple MusicとGooglePlayMusicにも配信されていて、サスガは邦楽に弱いSpotify(;。;)
まぁその内に来るでしょう。それまでは尼で聞く事にします。。




by webtyuu | 2017-12-10 08:32 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 26日
Fiio x5 3rd generation
DP-X1の音は最高ですけど最近は寝室に置き去りでした。
就寝時にBOSE SoundLink Mini IIへの入力用で、表に持って出るのはもっぱらXperia X Performanceです。
しかしXperiaのワイヤレスの音は良いのですが所詮はスマホなのでワイヤードではイマイチ。

DP-X1のデカイのは仕方ないとしてもBluetoothの性能が最悪で、胸ポケットに入れて歩きながらワイヤレスで聞いているとブチブチ切れて話になりません。
サポートに相談したら「すみません。性能です」と言われ、まぁオンキヨーの技術なんてそんなものでしょう。

それとナンと♀側なのにボキッと折れて入院して治したはずの2.5mmバランス端子がダメですね。
少しプラグに圧力が加わると片音になります。プラグはDP-X1の不治の病みたい。


DP-X1
c0005245_13042702.jpg


で気になっていたのが半年前に出たFiio x5 3rd generationです。
DP-X1よりも随分小さく、それでいてバランス出力対応。そしてOSは必須のAndroidです。
問題はできれば買いたくない中華メーカーですけど、音質と品質に関してはFiio X3を使って全く問題が無いばかりか、ウォークマンよりも高音質で腰を抜かしましたし、不具合も無し。

DP-X1なんか致命的故障で2回もメーカー送りになりましたからね。
DAPに関してソニーなど国内メーカはイマイチで、世界的に気を吐いているのが中華と韓国のAstell&Kernです。
しかし韓国メーカー製なんて死んでも使いたくないので選択肢は中華しかありません。
53万円のAK-SP1000-CPをタダでやるから使ってくれと言われてもイランわ。

TechnicsやKenwood辺りから出してくれたら嬉しいのですけど、恐らく高くて貧民には買えないからやっぱり中華か(;。;)
それにまたまた三菱で不正が発覚してMade in Japan神話が終わりを告げようとしている感じですか。。


Fiio x5 3rd gen
c0005245_14590184.jpg


尼を見ると正規代理店(オヤイデ)と並行輸入品があって『安心かサイフか』で迷いましたがAmazonの対応は割と安心できるので5千円ほど安い並行輸入品をポチ。
ファームウエアのUPなどはオヤイデからDLできるし、通常使う分には並行輸入品も変わりません。

しかし時計を合わせても気付くと丁度1時間早くなるので「なんでや?不良か?」と思ったら、Androidの設定で中国標準時間になってました(^^;
そこを日本標準時に合わせて解決。
ファームはFW1.1.0だったので早速オヤイデから最新を落とし1.1.8に上げてから使用開始です。


左Fiio X3、中央Fiio X5 3rd gen、右DP-X1
c0005245_15120597.jpg

OSはAndroid5.1.1と少し古いですが、熟れたOSですから問題ありません。
予想外だったのはホームを変更できない事でした。
ホームは高機能で便利な『NOVAランチャー』を使うのが自分的には決まりなのですけど、これが使えずFiio X5お仕着せのホーム。
Androidなのになんでや???

まぁそこはまだ我慢できるとして、Fiio X5のホームはなんと便利なウィジェットが使えません。
アホか~~~!と声を大にして言いたい。
Wi-FiやBluetooth等の切替をワンタッチでしたいし、プレイリストを画面に貼り付けたいのにそれがで来ません。

まぁ一応Androidですからアイコンを置く場所は自由にできるのでiOSよりはマシですけど、わざわざiOS並にするとはどう言う事やと。。


c0005245_07374948.jpg

DP-X1は手のひらからかなりはみ出ますが、手のひらサイズでジャストサイズです。
筐体はアルミでしょうか。
メタルの感触が気持ち良く質感があってスイッチやダイヤルなど細部も綺麗にできていて高級感があります。
とても3.7万円のDAPには見えません。

しかもこのお値段でレザーケースとシリコンのクリアケースの2種類が添付されています。
更に液晶面と背面には保護フィルムが既に貼られていて追加で買うものはありません。

あ、イヤホンは付いてないので持ってない人は買ってください(^^;
バランス接続が可能なので2.5mmジャックのケーブルとMMCX端子のイヤホンが良いかと思います。


c0005245_08492346.jpg

↑端子は下側です。(X3とDP-X1は上)
これは賛否両論で、「胸ポケットに入れるのに上側が良い」と言う人も居れば、自分は同じ理由で断然下側が良いです。
だからx5 3rd genの位置はベスト。

X5は穴が3コありますが、左が3.5mmのアンバランス(通常のイヤホン)、その右の小穴が2.5mmのバランス。
一番右がFiioの独断場で嬉しいコアキシャル出力端子になります。

コアキシャル出力とは他のDACに接続してスピーカーから音を出す時などに使う端子で、あれば便利。
専用の接続プラグも付属しています。

嬉しいのはバランスプラグを抜いたのを検知して曲を止める事ですね。まぁ当たり前な事なのにDP-X1はできません。
アンバランスの方はできますけど自分はバランス接続なので、会社のロッカーでプラグを抜いて止めたハズなのに帰宅時に電池残量0だった事が屡々。
誰も居ないロッカーでひたすら音楽を鳴らしていた訳です(笑) ←スピーカーが無いので鳴りませんけど


Fiio Music
c0005245_10195640.jpg


プレーヤーはFiio Musicと言う奴で少し使いづらいですね。
しかも致命的なのはフォルダー間の再生ができません ←できました。すまん、Fiio m(__)m

真ん中の画は浜田麻里さんのアルバム3枚ですが、この中から1枚のアルバムを選んで聞くしかできません。
3枚をランダムで聞く事ができ無いのはダメです。
アーティストで『浜田麻里」を選んで再生すれば全曲ランダムは可能ですけど、アーティスト一覧から聞きたい人を選ぶのは数が多いので面倒ですから。

で通常聞くMusicアプリを変更です。
Onkyo HF Playerの無料版を試しで使用。
暫く使って良さそうなので、無料版では使えない機能があるし広告が出るのはウザいので1000円払ってアンロックしました。
当然ながらフォルダー間のランダム再生は可能です。

ただ再生中のフォト(右のコルトレーンを参照)が少し縮小されるのはオンキヨー得意の変な仕様(笑)


Onkyo HF Player
c0005245_10322950.jpg


最後に肝心の音質です。
X3を使っていたので心配してませんでしたが、高解像でDP-X1に引けを取りません。

音源を忠実に再生する感じで、ウォークマンみたいに変な味付けは無く素直でニュートラル。
JAZZ、ロック、女性ヴォーカルなど何でも来いです。
まぁウォークマンのようなウォーム系が好きとかならEQを弄れば良いしDAPに変な味付けは不要ですね。

ユーザーレビューにホワイトノイズが気になるようなコメントが多々出てますが、whisper(囁き)ボイスの井筒香奈江さんを聴いても自分には聞こえません。
若者には聞こえるのかな?
恐らくもう15Kz以上なんて聞こえやしませんから(^^;

じゃぁハイレゾなんて意味ないじゃんと思うかも知れませんが、それがそうでも無いのです。
オーディオの世界にはよくある笑えるオカルト話と違い科学的に立証されているのですが、この話を始めると長くなるのでそのうち。

しかしコイツは手頃な価格で手ごろな大きさ。そして質感は良いし音質も良い。凄いコスパのDAPです。
こんなのは残念ですけど日本のメーカーでは作れないでしょうね。
DAPで肝のDAコンバーター2基は旭化成エレクトロニクス製(AKM AK4490EN)なんですけど。

日本はこれから部品屋さんとして生きていくしか無いのかな。。




by webtyuu | 2017-11-26 08:26 | オーディオ | Trackback | Comments(4)