2018年 10月 20日
珈琲
朝起きてまずは珈琲です。朝の珈琲は365日欠かせません。
そのコーヒーはもう30年くらいブルックスのドリップ式を愛用してました。
手軽で結構美味くてそして安かったのですけど、それが安くなくなってきて、好きな『モカ』は当初一袋19円だったものが倍に。

で一回頼むと4000~5000円飛んでいくので結構痛い。。


c0005245_10543082.jpg

そろそろ無くなってきたので追加しようと思っていたら、たまたまパナの催しで珈琲の飲み比べをしていたので試してみるとこれが結構美味い。
昔の印象で、コーヒーメーカーは手入れが面倒なだけでそれ程美味くないと思っていたらイケるじゃんと。

その催しはデカフェ豆との飲み比べと言う事でしたが、何?デカフェ豆って思ったらカフェイン抜きの珈琲なんですね。
そんなの意味ないじゃんと思って飲み比べると確かにまろやかです。ブラックを飲めない人でもこれならいけるのでは?

パナとしてはこのデカフェ豆を淹れることができる最新機種 NC-A57を売りたいみたいですね(^^;
しかし自分は全く同じ形の旧型NC-A56で淹れた普通の豆の方がコクと苦みがあって好み。
帰宅して尼で調べるとA57は22,570円、A56は16,180円で随分違うし、死んでもデカフェ豆は使わないのでA56をポチです。

これで約30年愛飲していたブルックスとサヨナラ。今までありがとう。


c0005245_10575711.jpg

ワンコに起こされ起床→ワンコの朝食→ワンコを庭に出してトイレ→戻って湯を沸かして珈琲なのですが、トイレに出る前にセットしてスイッチオンで、部屋に戻ると引きたての珈琲が出来上がっていることになりますね。

取りあえずUCCの標準的な豆を買って早速ドリップしてみました。

c0005245_11152917.jpg

A56は好みによって下のような味を選べ、更に酸味調節レバーで酸味の具合も調整できます。

・渋み少なくマイルドに
・渋みをおさえ後味良く
・コクと苦味のバランス
・苦味をしっかりと

取りあえず『コクと苦味のバランス』で酸味調節はせずストレートで抽出してみましたが中々ですね。
後で他のお味も試してみようと思います。

そのパナの催しでくじ抽選があって、引いたら『GRAND Calbee』が当たりました(^^V
阪急だったかな?でしか売ってないカルビーの高級ポテチです。

一箱500円もするポテチなんて買う気しませんが、サスガに美味いです(笑)


c0005245_10580080.jpg



# by webtyuu | 2018-10-20 11:32 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2018年 10月 13日
ハゲタカ
もう11年前になるのですね。NHKで放送された『ハゲタカ』です。
たまたま見たらハマってしまいましたが面白いドラマでした。
このドラマで大森南朋と言う俳優を知り、佐藤直紀さんの音楽も相変わらず最高でした。

元になった小説も読みましたけど、小説の鷲津は陰のある人間性以外に天才ピアニストで女にモテモテ、と言う一面も持ち合わせもっと面白かったのですけど、NHKで映像化は無理と言う感じですか(笑)


c0005245_11320355.jpg

最近同名のドラマがテロ朝で始まったので見てみたのですけど、NHK版と月とスッポン。2~3回でやめました。
綾野剛と言うことで少し期待したのですけど大森南朋とは格が違い過ぎですね。

鷲津の冷酷さと裏に見え隠れする人間性と凄みを醸し出す演技は綾野剛では無理のようです。
視聴率もじり貧で最後は10%切ってコケたようですね。

テロ朝版で光ったのは沢尻エリカでした。
昔は美人でアホな尻軽なおねぇちゃんでしたけど良い役者に成長しましたね。中々の演技で感心しました。

まぁコケたのはテロ朝の演出が酷かったせいもあり、嫁曰く綾野剛が可哀そうと(^^;
半沢直樹をパクろうとした感が見え見えでしたけど、プロデューサーやライターがアホだった。
テロ朝のテロ朝たる所以でしょう(笑)


c0005245_12463152.jpg

9月26日からアマゾンプライムビデオでハゲタカの映画版が配信されましたが、やはり大森南朋ですから面白いですね。
役者はNHK版とほぼ同様で、柴田恭兵、松田龍平、栗山千明が出演。

そこに中国人役で玉山鉄二が絡んで中々面白い作品でした。しかしこれも9年前ですか。
一昔前の作品を超えられないテロ朝って(笑)


c0005245_11461906.jpg

この記事を書いていて見つけたのがNHK版の再放送情報です。
BSプレミアム でやるようですから録画必須ですね。まだ見てない方は是非見てください。面白いですよ。

2018年11月4日(日) 午前0時15分から
2018年11月11日(日) 午前0時15分から
1日3本ずつ放送 全6回





# by webtyuu | 2018-10-13 06:50 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2018年 10月 10日
NW-ZX300 その2
ZX300を使う上でそれ程の障害ではないですけど気になった点がいくつか。

これは最初に書きましたがプレイリストの仕様がアホです。
内臓メモリーに入れた曲とSDカードに入れた曲を同じプレイリストに入れることができません。
これはかなりのアホかと。『バカじゃないの?ソニーは』と言う感じですね。


c0005245_07100576.jpg



ZX300は多彩なワザで音質調整ができたり、基本は使いませんが細かく調整できるイコライザーも付いているのですが、wireless接続時は効きません。
いくらやっても音質が変わらないので「不良?」と思いながら取説を見ると、ナンだこりゃと言う仕様ですね。

これまたアホかと。
ちなみにDP-X1はwirelessでもイコライザーは当たり前だけど使えますね。


c0005245_07165256.jpg


またまたアホな仕様の3つ目。
画面表示はカバーアートの他にスペクトラム アナライザー、アナログ レベルメーター、デジタル ピークメーターの4種類から選んで表示できます。
それでSpotifyからflacで落した音源のアートが表示しない(MP3はOK)ので何かを表示しようと思いきや、wirelessにした途端にアートに戻ってしまいます。

それでwirelessでSpotifyを聴く時は味気のない♪マーク。
まぁ聴いているときは関係ありませんけど、曲を選ぶ際に海外ポップのフォルダーを開ると、アイコンが真っ黒けで英語の曲名しか出ないので訳が分かりません(^^;


c0005245_08071129.jpg


通常の音源は下から好きなタイプを選べます。ワイヤードの時は。
左からカバーアート、スペクトラム アナライザー、アナログ レベルメーター、デジタル ピークメーター。

ホンマにアホですね、ソニーは(-_-;)


c0005245_07273219.jpg


使って数日の感想なのでまだ出てくるかもしれませんけど取りあえずです。
以前に比べて丸くなったソニー様ですけど、USBの仕様も旧態依然ですし、まだまだですね、ソニーは。

しかしレシーバーはRP-HD600NとMUC-M2BT1+RP-HDE10を使い分けていますが、LDACで接続して歩いても切れる事は無いし、この辺は流石にソニーとパナソニック言った所でしょう。
反面DP-X1は歩きながらでは使えたものではありません。音響メーカーの限界でしょうか。


c0005245_14473306.jpg


ソニーに負けに劣らずパナもアホです。
DAPを落としてBluetoothが切れると5分後にオートパワーオフで電源が切れると説明書に書いてあります。
BOSE QC 35も同様でこれは当たり前のことなのですけど、これが待てど暮らせど切れません。

で改めて説明書を読むと、なんとノイズキャンセリングがONだとオートパワーオフが効かないと小さな注意書きで記載。
アホか~!
HD600Nを買ってノイズキャンセリングを使わんユーザーがおると思っとんのか。舐めとんのか~!(-_-;)

ほんとソニーもパナも担当者の頭をひっぱたいてやりたいですね(笑)
何を考えてモノ創りをしとんのじゃ。自分で使いこんでいるのかと。そんなに使ってないんだろうな、きっと。。

まぁこれから使い込んで気になることがあったらまた書いてみたいと思います。




# by webtyuu | 2018-10-10 07:18 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 08日
NW-ZX300
ワイヤレスヘッドホンのRP-HD600Nを使いだしてから手持ちDAP(DP-X1とFiio X5 3rd)の不満が高まってきて、熟慮した結果ポチ。
A10以来5年ぶりくらいのウォークマンです。
発売したのはもう1年くらい前で、あと半年もしたら後継機の噂とか出てきそうですが、まぁいいかと。

c0005245_15332299.jpg

本当はaptx HD、LDAC搭載のAndroid DAPが欲しいのですけど、今のところ世の中に存在しないので止む無くのウォークマンですね。
もしそんなのが有ればこの際はAstell&Kernでもシャーナイと一時腹を括ったのですけど、韓国メーカー製など買ってしまっていたら末代までの恥でした(^^;

Android機が欲しいのはSpotifyを聞くためですが、仕方ないので専用アプリで音源を落としXZ300に転送する方法があるので、面倒くさいけどそれで回避です。

アプリは①noteburner-spotify-musicと②sidify-musicと③TuneMobie Spotify Musicの3本を試用。
立ち上げてみると①と②は同じソフトですね。価格も4,500円で同じです。

しかし①は曲をダウンロードすると全然違う曲が落ちてくる(-_-;)
②は大丈夫でしたがFLACで落としても少し音が甘くなる感じ。
③は取りあえず問題なかったので$41をPayPal で支払い消費税が付いて4,946円でした。

c0005245_17424995.jpg

アクティベーションをして使ってみると一回では落ちてくれません。エラーの嵐(;_:)
エラーになったら根気よくやり直すと落ちてくる。チョー面倒くさい(:_;)

何処でも良いけど、はよAndroid8のDAPを出しておくれと。もっとも出たとしてもZX300を使い続けますけど。。

追加 10月13日
Verが2.3.0から2.3.1にUPしましたがエラーが無くなりましたね。
関係者はここを見てたの?(笑)
flacで落としたものをMP3で落とし直ししているのですけど、タイミングが良かったのか助かりました。

flacで落とすと画像は入っているのですけどウォークマンで表示されないので、MP3で落とし直しです。
元々がストリーミング音源ですからflacで落とす必要は無かったですね(^^;

c0005245_17355889.jpg

ZX300のレビューは山ほど出ているので今更ですが、少しだけ感想を。
A10は兎に角使いづらかった覚えがありますがかなり改善され熟成しましたね。使いやすくなりました。
設定項目は多岐にわたりますけど特に説明書を見る必要もなく使えます。

しかしシャッフルのアイコンだけ分からなかったので確認(-_-;)
↓古今東西どんなアプリやDAPも右側の絵だと思いますけど、ソニー様は左の絵です。なんじゃこれ?

c0005245_10013370.jpg
それとプレイリストがアカン。
内臓メモリーにある曲とSDにある曲を同じプレイリストに入れることができません。
これは話にならない仕様ですね。


c0005245_12472605.jpg

手に持った感じは小さく、しかしずっしりしてイイ感じ。
まぁDP-X1は巨大だし、手ごろなFiio X5 3rdよりも小さく、縦長なので持ちやすい。
筐体はアルミ削り出しで他の2機種同様に高級感があります。

色は黒と銀の2色展開ですがアルマイト塗装の厚みが僅かに異なり(銀が薄い)開発者に言わせると音が違うそうです。
開発者インタビューで「私は銀が好き。」「僕は黒です。」「その辺は是非お店で聴き比べてください。」と言う事でしたが面倒なのでAmazonで黒をポチ。

今度梅淀あたりで銀の音を聞いてみようと思います。

特筆すべきはなんと自尊心の塊であるあのソニー様が他社開発のaptx HDを搭載し、ハイレゾファイル形式にMQAをサポートしたことです。
ソニーも丸くなりましたね(^^;
MQAの音源はDP-X1で幾つか買っていたので助かります。

しかしUSBの口だけは頑固ですね。相変わらず全く汎用性がないフザケタ仕様です。
まぁこれも恐らく丸くなったソニー様ですから次はType Cに変わると思いますけど。

ちなみに左の穴はストラップ用ですけど、これ要らんでしょう。イマドキのスマホにも付いてないのに。


c0005245_15332662.jpg

さて肝心の音です。
まずはHA-FX1100のアンバランスで聞いてみると、思わずニンマリ。
当たり前ですけどスマホなんかとは異次元の音が伝わってきます。

DP-X1はナチュラルな音でノイズが少なく空気感を感じられる音でこれまで最高と思ってましたが、ZX300は更にノイズが無く音に引き込まれる印象です。
これは凄い。

次にバランスで試してみる事に。
DP-X1とFiio X5 3rdは2.5mm 4極のプラグで、この仕様はAKも使っていてDAP界では主流なのですが、ZX300は4.4mm 5極とへんこな仕様で、ソニー様お得意の独自路線(-_-;)

本来なら高価な専用コードを買うべきでしょうけど、ZX300は主にwirelessで使用なのでここは変換プラグで。
しかし変換プラグと言っても1万円くらいするものがありバカにできませんが、1,000円のを入手です。


c0005245_20553672.jpg

バランスで聴くと特に低音の分離がよくなり下が締まり、結果全体も締まりますね。
やはり最高音質で聴く場合はバランス接続です。高価なコードを色々試してより自分好みの音を追求する。これぞマニアの醍醐味か(^^;

もっともバランスで聴くならDP-X1を使い続ける選択で、ZX300購入の目的はwireless接続です。
搭載された高品質コーデックはソニーが開発したLDACと、スマホのCPU「Snapdragon」でおなじみのQualcomm社が開発したaptx HD。
しかしaptx HDがウォークマンに搭載されるなんて誰しも想像してなかったでしょう。

まずワイヤードとワイヤレスの違いを試してみる事に。
RP-HD600Nはワイヤード接続ができるのでRP-HD10に付属のオーディオケーブルで接続。勿論アンバランス接続です。

初めてHD600Nをワイヤードで聴きましたが、あれ?・・・なんだかマイルドな感じ。
体調が悪いのか?
音は体調に左右されますからね。朝と夜でも違うし、疲れた時や特に酔った時は顕著に違う音で聞こえます。

次にwireless(LDAC)で接続して聴くとメリハリのある好きな音になり安心しました。
しかしホントぶっ高いコードをとっかえひっかえしてア~でもないコ~でもないと言う時代は終わりましたね。


c0005245_08091325.jpg


コーデックの仕様です。
aptX HD 24bit/48kHz 576kbps
aptX   16bit/48kHz 384kbps
LDAC   24bit/96kHz 990kbps

数値上ではaptX HDよりLDACの方が高音質ですが、 実際聴き比べをした結果その違いはわかりませんでした(^^;
しかしaptXとの違いは明らかに分かりますね。

LDACはハードウエアに負荷がかかる為か時折途切れてしまうことがあるようで、その点aptX HDの方が安定しているような感じです。
しかしまだ使い始めたところなので、色々なシチュエーションで使って試していこうと思います。


c0005245_08091742.jpg

最初は裸で持ち歩こうと思っていたのですが割と雑に扱うので間違いなくマットの液晶やサイドのアルミに傷が付くと思いケースを仕入れました。
ケースで大きくなるのは嫌なので純正などの革製品はパス。
かと言って透明のクリアケースなど安っぽくなるのも嫌でいろいろ検討した結果、武蔵野レーベルのフルアーマケース(ブルー)をチョイス。

5面フルカバーで液晶面は保護ガラスが付き5,400円。ジャストフィットでボタンの操作性もよく手触りも良くて気に入りました。


c0005245_08240500.jpg


今回は色々と悩みまくり、一時は悪魔に魂を売って韓国のAK導入も考えたりしたのですがZX300で正解でした。
Android機ならやらなくても良いSpotifyの音源ゲットや転送など面倒くさいこともありますけど、結果的には買って良かった一品です。
まぁスマホで十分と言う一般人から見たらこんなのに6万、いやアプリとケースいれて7万か・・も出すのはアホの極みかも知れませんけど(笑)

でも一度聞いてみてください。スマホには戻れなくなると思います。

Spotifyは面倒ですけど、いつの間にかSpotifyから消えてしまうアーティストもあるのでflacで落としてしまえばコッチのもの。
自分が消さなければ永久に聴き続けることができるメリットもありますね。

まぁ今後魅力的な新製品は出てくるとは思いますけど、これで末永く楽しんでいこうと思います。




# by webtyuu | 2018-10-08 09:06 | オーディオ | Trackback | Comments(0)
2018年 10月 07日
鈴鹿とWRC GB(英国)
昨日は鈴鹿で神雨が降りましたね(笑)
なんとトロロッソ・ホンダが予選で6位、7位と信じられないポジションをゲットです。
しかも来季レッドブルに昇格が決まったガスリー君を抑え、逆に来季はクビが確実なハートレー君が初めて上位になりました。

Q2でホンダ勢がタイムを出したその後に雨がぱらつき、間違いなく上位に行くザウバーのマクルール(来季はフェラーリに栄転)、ハースのマグネッセン、ルノーのサインツがタイムを出せずに脱落。
更にレッドブルのリカルドがエンジンブローでストップすると言う幸運に恵まれ2台ともQ2突破。

これがなんとQ3でも同じことが起こり、あり得ない予選6位、7位と言うリザルトをゲットしてホンダは狂喜乱舞(笑)
今日のレースではまた神風、神雨の恩恵はあるのでしょうか。それとも30馬力UPしたスペック3のポンコツエンジンが壊れるか(^^;
楽しみです。


c0005245_06290805.jpg

ホンダはまぐれですけど、ヤリスWRCは熟成が進みました。
ウェールズ・ラリーGBは今のところトヨタのタナクが首位を堅持、ラトバラが3位、ラッピが4位です。
これで現在2位のヒュンダイのヌービルがコケてくれたら(^^;

しかしこのまま行ってもトヨタのマニファクチャーランキング首位は点差が広がり、ドライバーズもタナクがヌービルを抜いて2冠ですね。
まぁラリーは何が起こるかわからないのでハラハラしますが、頑張れオット・タナック!

これが終われば残りスペインとオーストラリアで割と特異なグラベル(未舗装路)です。
復帰2年目にしてチャンピオンになれるか楽しみ。


<追加:>7日 15時40分
※F1
エンジンのバルサンは無かったものの、結果はガスが11位、鳩は13位でノーポイントでした。
ホンダ&ホンダオタクどもは予選結果が良かっただけに涙目で落胆(笑)
神雨のお陰なのに実力と勘違いして大笑いですね。

※WRC
タナクがマシントラブルで無念のリタイア。やっぱりラリーは何があるかわかりません。
変わってトップに立ったのがフォードの王者オジェ。来季はシトロエン復帰を宣言しましたが、この人はやっぱ速い。
2位、3位はトヨタのラトバラとラッピですね。

さてどうなるか、面白い展開です。

<追加>
オジェ(フォード)とラトバラ(トヨタ)の壮絶なトップ争いの結果、やはり王者の貫禄でオジェが優勝。
2位ラトバラ、3位ラッピ(トヨタ)でした。

これでマニファクチャーランキングはトヨタがヒュンダイに対して20ポイントの差を広げ首位を堅守。
ドライバーズはトップのヌービル(ヒュンダイ)にオジェ(フォード)が7ポイント差で肉薄し、タナクは22ポイント差で逆転を狙う展開。

あと2戦。これは面白くなってきました!




# by webtyuu | 2018-10-07 06:28 | 自己紹介 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 30日
台風24号
沖縄で停電など大きな被害が出たようですが、いよいよ此方にも近づいてきて風雨が激しくなってきました。
16時現在982.9hpaですね。これからドンドン気圧が上がって来ると思われます。


c0005245_16035428.jpg

先日の21号でやられた所の修復がまだなので参ります。

スチール製の物置ですが倒れたまま。これ中にモノが詰まっているので人力では起こせません(:_;)
中身を取り出せないし。
中身は全て亡くなった義父のガラクタなのですけど参ってます。。。

c0005245_16110618.jpg

物置は良いとして怖いのは破れた屋根。
どうしてあんな所が壊れたか訳が分かりませんけどパネルが破れてしまい自分では修復不能。

下手すると鳥とかスズメバチ等が巣を作る可能性もあるので早く直したいのですが、現在屋根の修理屋さんは手一杯みたいで。


c0005245_16121868.jpg

24号さん、どうか今回は手加減して来てくださいねm(_ _)m

それと21号で困ったのは停電です。
取りあえず充電池は全て充電し、冷蔵庫は氷をたくさん作り、20年ほど前に買ったUPSに超久しぶりに火を入れ蓄電中。
これ捨てるに捨てられなく放置してましたが、捨てないで良かった(^^;


c0005245_16002995.jpg

と書いているうちに30分経過して現在981.4hpaに下がりました。
さてどうなる事やら。。。

<追加>
24号はスカでしたね(^^;
最接近の21時ごろは965hpaになりましたが静かでした。
準備万端でしたけどまぁ良かった。





# by webtyuu | 2018-09-30 16:29 | 日常 | Trackback | Comments(0)